全て 名詞
9 の用例 (0.00 秒)
  • 原名は湯漢槎、字を期訓といったが、母方の姓の朱を名乗り、名を衣点と改めた。
  • 中学卒業生の多くはそのまま高校に進学するが、一部には系列の学校である星槎国際高等学校や、星槎学園に入学する者もいる。
  • 閉校後の校舎はその後星槎総合教育研究所として星槎グループに引き継がれている。
  • 星槎国際高等学校は、北海道芦別市に学校法人国際学園が運営している私立の高等学校で、星槎高等学校は系列校のひとつである。
  • 引退後は指導者として活躍し、学校法人大原学園のグループ校の一つ、大原高等学院のサッカーコース教諭を経て、2010年5月より星槎グループの奥寺スポーツアカデミーの監督に就任する。
  • 通信制高等学校である学校法人国際学園星槎国際高等学校と連携し、星槎国際高等学校八戸キャンパスとして普通科目は星槎国際高等学校によるスクーリングにより実施され、専門科目である商業科目を同校の教員が担当する。
  • 同校は星槎国際高等学校との提携により「モータースポーツを学びながら高校卒業資格が得られる」ことを売りとしており、野田自身も講師として指導に当たっている。
  • ゆるやかな学習カリキュラムの中で、星槎国際高等学校に提出するレポート指導や、自然体験、インターンシップ、資格取得、ビジネスマナーを通じて、社会的自立ができるよう、社会に有為な人財になるよう指導することを目指している。
  • 一つは御目付役中川忠英、間宮信如が御厩の宿に於て光太夫、磯吉との間に交した問答の始終を、政府の委嘱を受けて記録した篠本廉の『北槎ほくさ異聞』である。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用

の使われ方

で始まる単語