構え方

75 の用例 (0.00 秒)
  • 彼らの時代のヨーロッパの剣は両手で扱うが、正確な構え方は知らない。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • 背の低い小兵衛は、かつて、このような刀の構え方をしたことがない。 池波正太郎『剣客商売 05 白い鬼』より引用
  • まったく無声喜劇の構え方なのが特徴だが、ギャグも無声的なのが多い。 小林信彦『世界の喜劇人』より引用
  • 陣法とは、近代以前の東アジアの戦場において、軍における陣の構え方をいう。
  • なお、バスターの構え方がオメガではなくゼロの構え方になっている。
  • 一通りの訓練は受けているらしい、安定した構え方だ。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • まるで打撃から身をかわそうとするような構え方だった。 クイーン/田村隆一訳『Yの悲劇』より引用
  • また、メロディ、より効果的な配置、ギターの構え方を強く意識していた。
  • 古谷は犯人らしき人物の特徴ある銃の構え方から、それが大石だと気付く。
  • その構え方は、まるで部屋の中に銃を持った凶悪犯人がたてこもっているかのようである。 吉村達也『出雲信仰殺人事件』より引用
  • 現代人にも学ぶ所の多い言葉のかまえ方だろう。 大岡信『名句歌ごよみ[春]』より引用
  • 構え方は様になっていた。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 2』より引用
  • 歩き方と、肩の構え方に特徴があるんだ。 エディングス『エレニア記3 四つの騎士団』より引用
  • そしてたしかに、ナイフの構え方も喧嘩馴れはしているらしいが、粗雑であった。 眉村卓『不定期エスパー7』より引用
  • さらに、人生に対する構え方に性根のすわっているところがある。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • 銃のデザインはもちろん、構え方も似ている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • 擦文時代の集落は、狩猟や採集に適した住居を構え方をしていた。
  • 正式な構え方などわからない。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • 現在の剣道では中段の次に多く見られる構え方である。
  • がそこは感覚である、金兵衛のそういう構え方が、恐ろしく感ぜられてならなかった。 国枝史郎『娘煙術師』より引用
  • 次へ »