構える

全て 動詞
3,235 の用例 (0.01 秒)
  • わたくしはこの宿に滞在中の叔父が皇帝の都に構える屋敷で育ちました。 セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』より引用
  • 何百メートルと離れた場所、屋根の上で弓を構える赤い騎士の姿を見た。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 腕は両脇に自然に垂らしたままであるし、脚を開いて構える様子も無い。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • そのとき、地上に残された武士の一人が、新たに弓を構えるのが見えた。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用
  • 伯爵の剣がヒュッヒュッと空を切って、伯爵も左手を腰へ当てて構える。 赤川次郎『赤いこうもり傘』より引用
  • 力松は拳銃を構える姿勢だったが、実際に何を持っていたかは判らない。 泡坂妻夫『毒薬の輪舞』より引用
  • しかしながら、万一アメリカと事を構える場合には海軍はどうだろうか。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 下』より引用
  • 横に目をやると、三番機がジャイアントアサルトを構えるところだった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • 家を構えることは、それだけ内蔵助の心をつかみ得たと感じたのであろう。 池宮彰一郎『四十七人の刺客(下)』より引用
  • 歯の根が合わないほどにこわかったが、つえを構えるくらいの勇気はあった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅶ Side Colors』より引用
  • 比夏留は両の拳を腰のところで構えると、左脚を軸に回転をはじめた。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その3 天岩屋戸の研究』より引用
  • 男女が行う場合は、身長が女性より高いであろう男性が傘を持ち構える。
  • 一の郭に屋敷を構えることが許されるのは貴族の中でもごく一部に限られる。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 世界最大の生産販売台数を誇る寧波海天集団もここに生産拠点を構える。
  • それをやりのようにして持ち、金属製の先端部を紅香に向けて構える。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 他の多くのカメラと同様にカメラを目の位置に構える格好になる。
  • なかには、大和の王権と事を構えることに危惧きぐの念を抱く者もいるはずだ。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 長い杖を両手で構えると、頭上で風車のようにぶんぶん回転させ始める。 九里史生『SAO Web 外伝04 絶剣』より引用
  • 生まれた小さな光の球を、両のてのひらで包み込むような形で構える。 神坂一『スレイヤーズ01 スレイヤーズ!』より引用
  • 大学もまた京都を出て別の地にキャンパスを構えることが少なくありません。 姉小路祐『風水京都・竹の殺人』より引用
  • 次へ »