構えた男

60 の用例 (0.00 秒)
  • 拳銃を構えた男の一人が、私を連れてきた経緯いきさつを口早に平野に説明した。 大藪春彦『名のない男』より引用
  • だがその後ろには、ピストルを構えた男が狙いをつけているのが見える。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • 光線銃を構えた男の腕をわずかにそれて、矢はむこうへ飛び去っていった。 P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • そればかりか、悲鳴は同時に、背後の火器を構えた男たちからも上がった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11a D-ダーク・ロード1』より引用
  • キアルは、この二本足が、けさ武器を構えた男であることをおぼえていた。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • 苛立ちを隠そうともせず、ブロードソードを構えた男はそう言ったのだが。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • 目の前の扉がいきなり開いて、サブマシンガンをかまえた男が二人、入ってきた。 賀東招二『フルメタル・パニック!01 戦うボーイ・ミーツ・ガール』より引用
  • VIPコーナーには一般席にいた連中とは別に、拳銃を構えた男が四、五人いた。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 次の瞬間、クローヴィスは愛想よく構えた男客の挨拶を受けていた。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • 慣れぬ様子でナイフを構えた男は、依然としてなにか呟いている。 小林信彦『怪物がめざめる夜』より引用
  • 窓の外にせまった堤防ていぼうの上にカメラを構えた男がいた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 黒い銃を構えた男たちは、冷たい視線を乗客に投げかけている。 西野かつみ『かのこん 第04巻 ~オトメたちのヒミツ~』より引用
  • その微笑を消さずに、拳銃を構えた男に狙いをつけて引き金をひいた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『09 恐怖の巨人衛星』より引用
  • サブ・マシンガンを構えた男が二人、先に立って、その穴から中へはいろうとした。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • 二メートルほど下に広い船室が広がり、槍を構えた男がふたり突っ立っていた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』より引用
  • 二連散弾銃を構えた男は、どう見ても実直な農夫でしかなかった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター15 D-魔戦抄』より引用
  • 中には、やはり迷彩服を着て自動小銃を構えた男たちがいた。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース5』より引用
  • 銃を構えた男の一人が言う。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 1』より引用
  • ローブの男はワタルにではなく、背後にいるボウガンを構えた男に向かって言った。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • 馬車の横を通過する黒衣の美貌に、照明と武器を構えた男たちの視線が注がれた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11a D-ダーク・ロード1』より引用
  • 次へ »