構えたまま

388 の用例 (0.00 秒)
  • どこから撃たれてもいいように、体の前に刀を構えたまま進んでいく。 時雨沢恵一『キノの旅 第08巻』より引用
  • 私たちの足音が耳に届いたらしく、彼はカメラを構えたまま声をかけてきた。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 屋内戦の授業で習った通りに銃を構えたまま、特殊部隊のように移動する。 赤松中学『緋弾のアリア 第02巻』より引用
  • 羽目板の奥の隠し部屋で、三人の男はカービンを構えたままであった。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • 火村がまだ言葉を続けそうだったので、私はボールペンを構えたまま待った。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • 後には刃を構えたまま案山子かかしのように立ち尽くす綺礼だけが残された。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.4 「煉獄の炎」』より引用
  • 走り出す直前、刀を構えたままその場から動かない前川さんに声をかける。 入間人間『電波女と青春男 第05巻』より引用
  • 両拳を目前に構えたまま、前かがみになって階段を駆け上がっていく。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 男が片手に拳銃を構えたまま、会議室に向かって走ってくる。 五十嵐貴久『TVJ』より引用
  • アウレオルスは断頭台の刃のようにインデックスの頭上で腕を構えたまま。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』より引用
  • そしてティーは、離れた位置でナイフのグリップを構えたままだった。 時雨沢恵一『キノの旅 第08巻』より引用
  • 七花は、とがめが現れてからも、虚刀流二の型『水仙』に構えたままだ。 西尾維新『刀語 01 第一話 絶刀・鉋』より引用
  • 水を封印すると同時に参零も剣を構えたままピクリとも動いていなかった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • 女はグラスを口の前に構えたまま、返事も、うなずきもしなかった。 樋口有介『ろくでなし』より引用
  • 剣を構えたままそう言うと、ユージオは疑わしそうな目で俺を見た。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • 踏みだしかけた足を引き、彼女は剣を構えたままで肉塊を凝視する。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 彼女は階段の踊り場に陣を構えたまま、廊下にいる鮮花を見下ろしている。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • トカレフを構えたまま、壁際に背中を寄せて事務所内の気配を窺っている。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • いまも耕太に向けて剣を構えたまま、彼女はなにごとかぶつぶつとつぶやいていたのだから。 西野かつみ『かのこん 第07巻 ~さよなら、オオカミ~』より引用
  • ライフルを構えたままじゃ、銃先つつさきが蛇の鼻に触れてしまうのだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』より引用
  • 次へ »