構えたところ

40 の用例 (0.00 秒)
  • 商業は店舗を構えたところで、女性が主人となり、行うこともあった。
  • 死を覚悟かくごしてやりを構えたところで、レインが馬ごと突っ込んできた。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 構えたところで、狐など出てこないことを、もう知ってしまったからだろうか。 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • スペードの黄灰色の目は、声と同じく、すこしも構えたところがなかった。 ハメット/田中融二訳『死刑は一回でたくさん』より引用
  • 本心から素直になっていないから、構えたところがあるのだ。 渡辺淳一『光と影』より引用
  • 少しも構えたところのない動作だった。 小野不由美『十二国記 02 月の影 影の海(下)』より引用
  • さりげなくはいったが、老人の身ゆるぎに、キッと構えたところが見えた。 吉川英治『鳴門秘帖』より引用
  • 何よりも、世卓の少しも構えたところのない空気が、泰麒には心安こころやすい。 小野不由美『十二国記 10 華胥の幽夢+漂舶』より引用
  • さあ次はどこ、と構えたところで、あたしもそいつもまわりの女たちに押さえつけられた。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 中年の男がケージの中にいて、今まさにバットを構えたところだ。 沢木冬吾『償いの椅子』より引用
  • レイジはさほど構えたところもなく、ただその結果を静かに見届けようとしていた。 森絵都『DIVE!! 上 (RubyMate変換)』より引用
  • 話してみると、構えたところがない自然体の人である。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • そう思って振り返ると、ぼーさんは独鈷杵とっこしょを構えたところだった。 小野不由美『悪霊シリーズ 6 悪霊とよばないで』より引用
  • 文子の部屋で、刀を構えたところまでは覚えている。 花村萬月『イグナシオ』より引用
  • 麻衣は少しも構えたところのない様子で首を傾げた。 小野不由美『悪夢の棲む家 (上) 挿絵あり』より引用
  • 予想とちがって客はコソコソしたところもなし、ひどく遠慮がちに構えたところもない。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅡ』より引用
  • ここはローマの皇帝たちが屋敷を構えたところで、ここで、皇帝に、犯罪者への赦しを請うこともした。
  • 深川区洲崎弁天町に居を構えたところから洲崎の殿様と呼ばれた。
  • 彼女にしてみれば、セシルの大上段にかまえたところがおかしくてたまらないのだ。 水野良『ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』より引用
  • 支店を構えたところも、オリンピックが終わればさっさと撤収するはずです。 浅田次郎『姫椿』より引用
  • 次へ »