全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 湿った谷ぞいの道のかたわらに数戸の家が廃棄されていて、くればたという。 ...
  • 榑ヶ畑コースが最短のコースで、よく利用されている。 ...
  • 慶長けいちょう年代のころには定見取米を御物成おものなりといい、木租を御役榑おやくくれという。 ...
  • 第一期は享保以前で、山地には御役榑おやくくれすなわち木租を納めさえすればその余は自由に伐木売買を許された時代、人民が山木と共にあった時代である。 ...
  • ずっと以前の山地に檜榑ひのきくれ二十六万八千余ちょう土居どい四千三百余の木租を課せられた昔もあるが、しかもその木租のおびただしい運搬川出し等の費用として、人民の宅地その他の課税は差し引かれたも同様に給与せられたと答えることができた。 ...
  • 古今集の歌は、かうしたクレや丸太に削り花の挿された物に、興味を持つて作つた籠題コメダイだつたのであらう。 ...
  • 霊仙山付近は離村が多かった地域で、武奈町に隣接する男鬼町や米原市榑ケ畑も廃村となっている。 ...
  • 府中からは米、和紙などが出荷され、府中には、塩、魚介類、鉄、榑などが入荷した。 ...
  • 榑ヶ畑コースの登山口付近には、第二次世界大戦には約50戸、160人の榑ヶ畑集落があったが、1957年に廃村となった。 ...
  • くれと称するひのきや杉の木の四つわりを、円周にそうた線で厚く竪にわり、それをけずってまるい形につなぎあわせ、そとからかつらや竹の輪でしめつけて、底を入れたものが今日こんにちの桶でありたるであるが、これだとごくかんたんに、手桶の手をつけることができるのであった。 ...
  • 桶の側板は榑、樽の側板は樽丸と呼ばれている。 ...
  • 斉王榑せいおうふもまた人の告ぐるところとなり、廃せられて庶人となり、代王けいもまたついに廃せられて庶人となり、大同だいどうに幽せらる。 ...
  • 製法は杉の丸太を裁断して短冊状の「榑」を作り、乾燥や特殊な刃物による加工を経て、この榑を輪のように立て、箍かけをして、底板や蓋をつけ、磨き、塗りなどの仕上げで完成する。 ...
  • 即位後、その地位を確固たるものとするため側近の方孝孺らとともに皇族の力を弱めることを画策し、周王・朱、斉王・朱榑、代王・朱桂をそれぞれ庶民に落とし、湘王・朱柏を焼身自殺させ、岷王・朱楩を漳州に流した。 ...
  • thumb|200px|榑ヶ畑コースの登山道にある「お虎ヶ池」と霊仙神社 各方面からの以下の登山道がある。 ...