楽楽

全て 副詞
30 の用例 (0.00 秒)
  • 早く自分の宿へ帰って、楽楽と手足を伸ばしたいと云うより外には、彼は慾も得もなかった。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • 楽楽チャイナで放送中なので、日本でも視聴可能である。
  • 目前の飯を食はうとすれば、火の燃えることもあると同時に、又存外楽楽と食ひ得ることもあるのである。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • 意識を失った彼を楽楽と肩に担ぐと、ゲンカンは宣言した。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • 宮原の楽楽福ささふく神社をみて日野川を下った私は、この夜は皆生温泉で泊まることにした。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 08 因幡・出雲・隠岐・長門ほか』より引用
  • そこにある楽楽福ささふく神社をたずねるためだったが、さきにまず日野川ということで、私にはちょっと考えさせられるものがある。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 08 因幡・出雲・隠岐・長門ほか』より引用
  • 目前の飯を食おうとすれば、火の燃えることもあると同時に、又存外楽楽と食い得ることもあるのである。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • 妹のところで昼餉をすますと、彼は電車で楽楽園らくらくえん駅まで行き、そこから八幡村の方へ向って、小川に沿うた路を歩いて行った。 原民喜『永遠のみどり』より引用
  • のみならず楽楽と食ひ得た後さへ、腸加太児ちやうカタルの起ることもあると同時に、又存外楽楽と消化し得ることもあるのである。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • 妹のところで昼餉をすますと、彼は電車で楽楽園駅まで行き、そこから八幡村の方へ向かつて、小川に沿うた路を歩いて行つた。 原民喜『永遠のみどり』より引用
  • なお「楽楽キャッシュバック」について、そのポイント分は交通利用がなかった場合には翌月に繰り越されることになる。
  • しかしながら、この楽楽福神社は近年まで「口日野の大社」として知られていた、というものだった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 08 因幡・出雲・隠岐・長門ほか』より引用
  • が、それはあとのことにして、ここにいう日南町宮内の楽楽福神社は奥楽楽福ともいって、日野川のずっと上流となっている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 08 因幡・出雲・隠岐・長門ほか』より引用
  • のみならず楽楽と食い得た後さえ、腸加太児ちょうカタルの起ることもあると同時に、又存外楽楽と消化し得ることもあるのである。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • 大御堂廃寺の二個の柱礎を境内入口の石垣にしているという、その勝宿禰神社をたずねてみればわかるかも知れなかったが、しかし、この日の私は大山だいせん町から淀江よどえ町、それからさらに日野川べりの楽楽福ささふく神社まで行かなくてはならなかったので、もうそうしている時間がなかった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 08 因幡・出雲・隠岐・長門ほか』より引用
  • また、FeliCaポケット機能を利用しているOSAKA PiTaPaの「楽楽ポケット」では、大阪市内の一部新築マンションで部屋の鍵として採用する例もある。
  • 地図をみるとそこまではとても、と思われたので、私はその下流、口日野くちひのの「宮原」にあるそれをたずねることにしたのだったが、さきにそこの楽楽福神社についていうと、これはいまでは、日野川べりの田畑のなかにある無人の小さな神社となってしまっていた。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 08 因幡・出雲・隠岐・長門ほか』より引用
  • 会場はその年によって異なり、2003年までは仙台市民会館、2004年は広瀬文化センター、2005年からは太白区の楽楽楽ホールにて行われた。
  • ちなみに、コンビ名の「楽楽笑」は、麒麟がコンビ名を決める際の候補になった名前を譲り受けたものである。
  • しかし元司は、詩経から楽楽と孟子にすすみ、翌年になると易経、礼記を苦もなく読みこなすようになった。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • 次へ »

楽楽 の使われ方