楽に

全て 副詞
53 の用例 (0.00 秒)
  • その時は空腹になると痛み、消化の良い物を少し口にすると楽になった。 牧野修『屍の王』より引用
  • これでアメリカが本気になってくれると楽になるわ。 九条公人『NEON GENESIS EVANGELION』より引用
  • しかし、その気になると楽にものにして、一番になってしまう。 ヴェルヌ/金子博訳『二年間の休暇(15少年漂流記)』より引用
  • 寿々子は少しき気を覚えたが、言われた通り、目をつぶると楽になった。 小池真理子『仮面のマドンナ』より引用
  • 聞いてくれたら楽になると言うから聞いてやっているのに、なんだ、その言い方は。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • 興奮しすぎて息が苦しくなったときには、ビニール袋を口に当てて呼吸をすると楽になるという。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • 血を取ってもらうと楽になり、だんだん元気になった。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • そして一般に、生活の気持がゆつたりと楽になつて来た。 萩原朔太郎『僕の孤独癖について』より引用
  • たとえば、こう考えられると楽になるのにと、なんとか自分の思う方向に持っていこうとしたこともあります。 麻生佳花『尼は笑う』より引用
  • そのたびに、彼女かのぢよ呼吸こきふらくになつてつた。 小島政二郎『海燕』より引用
  • だが死んで楽になるのは本人だけだ。 日明恩『埋み火』より引用
  • この時は激しい攻撃が予想されるので、ミルドレッドを一旦消しておいてから攻撃を仕掛けると楽に進められる。
  • 多客期でも鈍行を活用すると楽に旅行できる場合が多い。 宮脇俊三『汽車旅12カ月』より引用
  • けれども苦しい間は人をたのんで楽になると人をそねむのはぜんたいいい事なんでしょうか。 宮沢賢治『楢ノ木大学士の野宿』より引用
  • けれどもくるしい間は人をたのんでらくになると人をそねむのはぜんたいいいことなんでしょうか。 宮沢賢治『インドラの網』より引用
  • けれども苦しい間は人をたのんで楽になると人をそねむのはぜんたいいゝ事なんでせうか。 宮沢賢治『楢ノ木大学士の野宿』より引用
  • 私の仕事も、ですから、ずつと楽になると思ふんですが、或る意味では、かういふ特殊な事情を背景に、自分の仕事を発展させる野心など私にはないのです。 岸田国士『北支物情』より引用
  • それだけで、心にかかる負担はずい分と楽になる。 神永学『コンダクター』より引用
  • 本人によると、骨折や靱帯断裂等の選手生命の危機を経験してきたが、それとは比較にならない程の痛みで、初めて死んだら楽になるのかなと考えたとのこと。
  • 本気で、死んで楽になりたいと思った。 永沢光雄『AV女優(上)』より引用
  • 次へ »

楽に の使われ方