極彩色

全て 名詞
743 の例文 (0.01 秒)
  • 一つは極彩色の絹で張った大型のもの、他の二つは麻布のものであった。 ...
  • バンドが表示されている間、ビデオは極彩色になっていることが多い。 ...
  • おまけに僕の眼の前では再び、あの極彩色のフェスタが再現されました。 ...
  • 二番目のそれも同じように内部から極彩色の細片のうねりを生じ始めた。 ...
  • しかも、その傘に描かれているのは、いずれも極彩色の春宮図であった。 ...
  • 青や赤を使った極彩色の建物、黄金の仏像などタイ風の寺院建築である。 ...
  • てて加えて沼南夫人の極彩色にお化粧した顔はお葬い向きでなかった。 ...
  • 極彩色の色を放つのに、女だけは目の前で、風間を言葉で責めつづけた。 ...
  • その声は、拡大されたわたしの意識野の中では極彩色のつややかなものだった。 ...
  • 暗がりのなかで見る極彩色が、こんなにも美しいことをはじめて知った。 ...
  • 背面の甲羅は威嚇時に展開し、内側の極彩色の部分を盾のように見せる。 ...
  • それはわけのわからない極彩色をした見たこともない道。 ...
  • 芳恵が泣いていると極彩色の特攻服を着たメンバーたちが駆けつけてきた。 ...
  • どこかから極彩色ごくさいしきの紙テープが飛んできて、三人の頭上にからみかかる。 ...
  • また、もとは極彩色が施してあり、その痕跡がいまも僅かに残っています。 ...
  • 日光の東照宮ほどではないが、極彩色で積み木のお城といった感じである。 ...
  • やがて村のまわりの山々の上の方から色づいてきて、満山が極彩色となる。 ...
  • 次へ