極力

全て 副詞
2,675 の用例 (0.01 秒)
  • そのためユーザーは自分で入力する項目を極力少なくすることができた。
  • さういふ趣味ならば、少くとも私にとつては極力排斥すべき趣味である。 石川啄木『弓町より』より引用
  • その時三四郎は与次郎に口を添えて極力先生を賞賛しろという話である。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • 取材旅行だの誰かから話を聞き出すなどということは極力避けてきた。 牧野修『屍の王』より引用
  • 昔から小説家は必ず主人公の容貌ようぼうを極力描写することに相場がきまってる。 夏目漱石『草枕・二百十日』より引用
  • 紛失したボタンに極力似た物を付ける為世界中のボタンを保管している。
  • 早い話、敵の反応時間レスポンスを極力短いものに留めようとする努力が払われる。 大石英司『B-1爆撃機を追え』より引用
  • 我々としては極力銃を使わずに犯人を逮捕たいほしたいと考えています。 赤川次郎『孤独な週末』より引用
  • 週に二度出掛けて仕事を貰つて来る出版社の人々にも極力頼んでみた。 原民喜『災厄の日』より引用
  • 家のことや子供のことが心配でも、そんなことは極力表に出さない。 渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』より引用
  • どうしても必要と思われる時以外は、頭も体も極力使わないようにすること。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 真の名を他人に知られるのは極力避けておいた方がいいだろう。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 東昌子は、極力抑えてはいたが、かなり気持が昂揚こうようしている様子だった。 赤川次郎『プロメテウスの乙女』より引用
  • 心の中に風が吹き荒れていることを極力、見せまいとするほうだろう。 山際淳司『Give up オフコース・ストーリー』より引用
  • しかし彼は自分の昂奮を極力きょくりょく他人に知られたくないようすであった。 海野十三『恐竜島』より引用
  • 私は極力お客の顔を見ないようにして商品のバーコードを通していく。 山本文緒『プラナリア』より引用
  • 生まの感覚や知覚に訴えて来るような言葉づかいは極力避けられている。 小林秀雄『考えるヒント』より引用
  • 彼女は戦時中、あらゆる意味での日本軍への協力を極力避け通したとも語った。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • もちろん、ぼくとお弓さんも、極力抵抗はしたが及ばなかったのである。 吉川英治『忘れ残りの記』より引用
  • フィールザール内の移動は、極力駅馬車を利用するようにと言われていた。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • 次へ »