極めん

6 の用例 (0.00 秒)
  • 一点四海を掌握なし栄華を極めんわが所存、その方たちの知ることならず。
  • 同行の村民の中に田村卯之助という人があった、この人かつて穴の奥を極めんとて這い込んだが、遂に目的を達しなかったという。 喜田貞吉『周防石城山神籠石探検記』より引用
  • もし全般に通じようとすれば勢い浅薄に流れ、もし蘊奥うんおうを極めんとすれば勢い全般の事は分らずにしまわなければならぬような有様である。 寺田寅彦『科学上における権威の価値と弊害』より引用
  • その側に仕える磯部小次郎は、狭い日本を飛び出し、料理の道を極めんと、単身渡欧してきた彼女のお抱え料理人であった。
  • それ以降、「汝、己をもって極めんとすべし」という言葉を頼りに、修羅道を歩む。
  • この50年前、西暦2040年に地球規模で発生した大災害「大地殻変動」によって壊滅的な打撃を受けた人類は、大地の隆起によって孤立した電脳都市「レムリア」を中心として幾つかの都市文明を復興させ、再びその栄華を極めんとしていた。