極める

全て 動詞
907 の用例 (0.01 秒)
  • ひとつのことを極めるには、あまりにあちこちに寄り道をしすぎなのだ。 姫野友美『女はなぜ突然怒り出すのか?』より引用
  • 彼は、高さを極めるというスポーツの限界に敗れたわけではなかった。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • その間の表現は自在を極めるに至るこそ人間と人間との接触の理想であろう。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • この一大魔術組織がどちらに着くのか、予想するのは困難を極めるだろう。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録SS』より引用
  • 太平の世になると美食を極めることに目的を変えて料理研究を続けた。
  • 戦争は今後更に凄惨にして最悪を極めることを覚悟しなければならぬ。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • それがつまりは、内的な感動を表現する諸条件をきわめるということだ。 小林秀雄『モオツァルト』より引用
  • ところが記録のある時代は、どうかするとそれを一つに極めることが出來ます。 内藤湖南『大阪の町人学者富永仲基』より引用
  • 二・二六事件が発生したその日、猟奇的で難解を極める事件が起きた。
  • これにより事故調査だけでなくその後の遺体の回収も困難を極める。
  • ただし、初期状態で妖精もいない状態からのスタートは困難を極める。
  • どちらも極めれば同じ要素が存在するという意味が込められている。
  • 長州処分が不振を極める中で幕兵の士気は落ち幕府の財政は悪化した。
  • どうなるか確かな事はもちろん今から極めることは出来ない。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • かくして吾輩はついにこのうちを自分の住家すみかめる事にしたのである。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 十度やれば十度、百度やれば百度、一度の失敗もなくこの技を極める。 夢枕獏『東天の獅子 第二巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • 自分が製造しておらぬものを自分の所有とめる法はなかろう。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • そのため極めるにはウォッシュ自体かなりの練習をしなければならないとされる。
  • それがつまりは、内的な感動を表現する諸条件を極めるという事だ。 小林秀雄『考えるヒント 3』より引用
  • 文字絵は誰でも容易に改竄して利用できるため、その権利関係は複雑を極める。
  • 次へ »