極めつき

65 の用例 (0.00 秒)
  • ふたりは隊でも極めつきの変わり者のカップルだったが、自分などの想像もつかない過酷な戦いを切り抜けてきたのだろう。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 04 5121小隊 熊本城決戦』より引用
  • 極めつきの昂揚感が芳恵の意識を奪い、暗黒の天空へと飛翔させた。 菊地秀行『妖戦地帯2 淫囚篇』より引用
  • 一方は、極めつきの名作だけを何百年後までも残していこうとする姿勢、一方はたえず新しいものをつけ加えていく創造的な姿勢と言えないでしょうか。 柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』より引用
  • 極めつきが太子の反乱による混乱である。
  • 非常に寡黙な人物で、しかも極めつきの臍曲がりであるが、実は女たらしである。
  • 二人とも極めつきの軽蔑の表情だったが、思いがけなく大勢の目撃者が入ってきたことで、正気を取り戻したらしい。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • いや、それ以前から人前ではすたった面になって、これで内外共に、人外にんがいきわめつきにされてしまった。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 屋上の西区画にはモスクがあり、ゴールコンダ王国の職人が建てた中でも極めつきの美しさである。
  • 元来釈迦の骨なのだから極めつきの御利益が期待できそうだが、その宝珠がつまり竜が掴んでいるタマだというのである。 西風隆介『神の系譜Ⅰ 竜の封印』より引用
  • 極めつきはテキサスのさるカントリークラブで行われた小さなトーナメントで起きた。 山際淳司『ダブルボギークラブへようこそ』より引用
  • その極めつきが、伝説的深夜エロ番組である艶々ナイトである。
  • 悪戯の仕掛けや道具が並び、フレッドやジョージの極めつきの夢でさえ叶えられそうだった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 03 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』より引用
  • そして極めつきはまだある。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • グワールがいうことに、アルウーアはこれまでの極めつきの方法に磨きをかけた上、新しい巧妙な技術も試験中だそうな。 P・J・ファーマー『階層宇宙の創造者』より引用
  • 三脚に鎖をつけてつるした大鍋で料理がなされていた頃から、寒さで震える心身を温めてきた極めつきの冬の味覚であり、アメリカ版おふくろの味であった。 本間千枝子『アメリカの食卓』より引用
  • その元女中の話がかりに本当だとしても、男やもめの惣六が、ある日むらむらとした気に襲われて、つい手近にいる女中に挑みかかったとしても、それをもって極めつきの好色漢のように言うのはどういうものか。 藤沢周平『隠し剣秋風抄』より引用
  • そして極めつきは「研究者としての姿勢に疑問を感じる」という、ありがたいコメントまで頂戴したことがある。 高橋伸夫『できる社員は「やり過ごす」』より引用
  • 末はヤクザか凶悪犯罪者か、と言われた極めつきの暴力児童が更生し、難関の国立大学医学部へ入学を果たしたケースすらあった。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 天下一の美男という極めつきも必ずしも掛け値じゃなかった。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • そして極めつきはシーズン終盤のジュビロ磐田戦において、味方のMF奥大介が試合中に自分にパスを出さなかったことに腹を立て、奥を後ろから蹴るなど暴行を働いた。
  • 次へ »