極めた時代

17 の用例 (0.00 秒)
  • 僕の小学校にいた時代はちょうど常陸山ひたちやまや梅ヶ谷の全盛をきわめた時代だった。 芥川竜之介『追憶』より引用
  • これ以上隆盛を極めた時代がいつあつたといふのか? リラダン『殘酷物語』より引用
  • 島田が栄華を極めた時代から、新たな時代への移り変わりであった。
  • 当時はこういった分野が最も隆盛を極めた時代であり、1950年代に映画産業が発達するまでの代表的な演目だった。
  • 政治的には混乱を極めた時代であったが、スペインでは、カトリックが国教とされるなど信者の数自体でいえばむしろ増大し、その理論や内容には大きな変化はないにしろ、多数の書籍が発行され発展した時代であったという。
  • 恐竜を含む主竜類が繁栄を極めた時代には、哺乳類は、夜の世界など主竜類の活動が及ばない時間・場所などのニッチに生活していた。
  • プログレッシブ・ロックが頂点を極めた時代が終焉を迎え、ひとつの時代の変化を象徴する出来事と言える。
  • 会社が発足して間もなく昭和20年8月の終戦を迎えたが、この時期は長年に亘る戦争のため生活物資は食糧を初めあらゆる物が不足し、国民生活は困窮を極めた時代だった。
  • 春秋戰國にかけて約五百年間は、支那の文化の絢爛を極めた時代であるが、その時代に出た文武の大人物を見渡すと、皆北支那の産で、南支那人は殆ど見當らぬ。 桑原隲蔵『歴史上より観たる南支那の開発』より引用
  • 落着いた時代なら、屑屋と似たような扱いをうけるだろうに、混乱を極めた時代では、その大きな荷車を見ると、人々はほっとしたように微笑し、坂などで登り渋っていると、親しげに力を貸してくれるのだった。 半村良『炎の陰画』より引用
  • 古典魔法が隆盛を極めた時代に生を享けた魔法使い。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • 輪島、北の湖に代表される、左四つを得意とする力士が全盛を極めた時代の一翼を担った。
  • しかし参加者の脳味噌にはじめからアルコールをぶち込んでハイな雰囲気を盛り上げ、イベントを回していこうという仕立は、パーソナルコンピューターではもちろん、かつて数年間にわたって総なめにした経験のある栄華を極めた時代のオーディオ業界の発表会でも、まったく経験したことがない。 富田倫生『青空のリスタート』より引用
  • 同時に多數の支那人も西方に出掛け、ペルシアのタブリズといふ都會や、ロシアのモスカウや、更に内地のノヴゴロードといふ都會に、支那人の居留地が出來るといふ状況で、中世期で蒙古時代程東西の交通の盛大を極めた時代がない。 桑原隲蔵『東西交通史上より観たる日本の開発』より引用
  • チームの大黒柱の代役を務めたとは言い難いが、アンリのポジションにはエマニュエル・アデバヨールやロビン・ファン・ペルシーといった新鋭の台頭も見られ、チームの急速な世代交代により栄華を極めた時代の選手はアンリ以外殆ど退団していた。
  • 古典魔法が最盛を極めた時代に生をけた魔法使いジャンジャック・ギバルテスのゴーストスクリプトだ。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • この古きマホメット教徒の記録を佛譯して、之を世間に紹介したフランスの東洋學者レイノーは、この記事に疑惑を挾みて、當時支那は擾亂を極めた時代であるから、或は一時的現象として、かかる事實存在せしや知れざれど、恐らく之はマホメット教徒の訛傳で、事實でなからうと申して居る。 桑原隲蔵『支那人の食人肉風習』より引用