業火

全て 名詞
296 の例文 (0.00 秒)
  • オレンジ色の業火の中、ほどなく三番機は一番機とともに離脱していた。
  • 体内に業火を宿し、全身に煙と影を纏う大きな人のような姿をしている。 ...
  • 一階を業火ごうかが包み、更に、炎は二階、三階の一部にも広がり始めていた。 ...
  • 業火に死んだのではなく、確かな人の手によって殺されたのだ。 ...
  • 業火が、東京を千年昔の墓地に還らせようとする破壊の魔人を呼んだ。 ...
  • ハヤト少尉が数名の兵を従えて業火ごうかの中を走りに走りコロニーの港へ出た。 ...
  • 焔の翼で空を飛び、口から紫色の業火を吐き、長い首で敵を締め上げる。 ...
  • 信長の体は、業火ごうかで滅却されたように骨一つ残さずに消滅した。 ...
  • そういう、未練とも業火ともいえるものが、今、慎平の中で猛っていた。 ...
  • こと露見に至って宗寿軒らは自ら地雷火に火をつけ、業火の中に果てた。 ...
  • 一歩間違えば、自分たちはあの業火の中で身を焼き尽くされていたのである。 ...
  • つい数時間前まで月明かりの下で静かに眠っていた村が、いま業火に焼かれていた。 ...
  • しかしこの詩が記述するのは、業火による世界の何らかの劇的な最後だと推測されている。 ...
  • 二十四の閃光が瞬いたかと思うと、路上はオレンジ色の業火に包まれた。 ...
  • まだあの時の業火ごうかは燃え続けているようだった。
  • 死の業火を突き抜けて君たちと一緒に進んでいきたく思うのだ。 ...
  • この世を覆う不条理の業火は、無垢な少年の眼の中にさえ飛び火するのだ。 ...
  • 次へ