植民地宗主国

8 の例文 (0.00 秒)
  • 例えば、アフリカ諸国の国境は、旧植民地宗主国の都合で設定された為、国と民族の統合性を欠き、これがアフリカ諸国の政情不安定の一因である事をよく指摘される。 ...
  • 植民地宗主国であるフランス軍に参加し、サン・シール陸軍士官学校などで学んだ。 ...
  • 「内地」は台湾人には歴史的な背景もあり植民地宗主国を思わせる上、中華人民共和国や特別行政区の体制側がよく使うために媚びが感じられ、受け入れられないことがある。 ...
  • 独立運動団体が戦争を遂行、継続するためには、運動団体の組織化、武器の安定的調達などの必要があり、それ以外にも、植民地宗主国との距離の遠近という地理的要因、国内外の世論の支持といった環境的要因などが必要である。 ...
  • さらに、日本の植民地支配から解放されたばかりの朝鮮は、「日本の交戦国ではなかった」として戦勝国と見なされず、「勝者の裁き」に参加することもできなかったし、米英仏蘭など植民地宗主国でもあった戦勝国に、日本の植民地支配責任を裁く意図も能力もなかった。 ...
  • オランダ領東インド時代、植民地宗主国オランダをはじめとするヨーロッパ系の民間資本が、東スマトラ一帯でタバコ、ゴム、茶などのプランテーション農園を開発した。 ...
  • 植民地宗主国フランスのボルドー大学で学び、1959年に歴史学の学位から口頭伝承を聞き取り、歴史を再構築した。 ...