椅子に深々と腰

5 の用例 (0.00 秒)
  • 椅子に深々と腰をおろし、萩生はあらゆる可能性を検討した。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • モーツァルトがお好きだった先生は、室内ではよくレコードをかけながら大きな椅子に深々と腰をかけ、本を読んでおられた。 本間千枝子『アメリカの食卓』より引用
  • 椅子に深々と腰を沈めた玲子が顔も上げずに言った。 初野晴『水の時計』より引用
  • ポワロは、椅子に深々と腰をかけて、いつもの癖で、両手の指を合わせて、語り出した。 クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』より引用
  • 東京やニューヨークにいて椅子に深々と腰を下ろしている重役たちは上杉あるいはサッシンが表に出て、会社のためにいかに大きな取引をなそうとしているかをよく知らない、そういうことはよくあることです。 松本清張『空の城』より引用