棺桶の錠

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 準備稿では山崎努が念仏の鉄として登場予定の一方、棺桶の錠の出番が無かった。 ...
  • 沖は役に入れ込み、棺桶の錠とはガラリと印象の変わった冷徹な殺し屋・市松を演じた。 ...
  • 新たな役である唐十郎は、沖が過去に演じた棺桶の錠や市松のようなエキセントリックなキャラクターに比べ、連絡係兼密偵という役割もあって比較的マイルドな常識人として描かれている。 ...
  • 棺桶の錠と同じく武士への嫌悪感や不満を抱いているのか、『必殺仕事人』時代にはその思いを直接、主水や左門にぶつけていた。 ...
  • 棺桶の錠は時代劇『必殺仕置人』に登場したキャラクターで、沖雅也が演じた。 ...
  • 政に至っては、花の枝で刺すという見た目の華やかさを重視した殺し方から、『必殺仕置人』の棺桶の錠を彷彿させる武骨な手槍での刺殺への変更と、技自体の改変が行われている。 ...
  • その後、決定稿で、念仏の鉄の役目を知らぬ顔の半兵衛が務めることになり、棺桶の錠の出番も追加されている。 ...
  • 沖が演じた市松は熱血漢であった棺桶の錠とは正反対のクールな性格で、組紐屋の竜を演じた京本政樹は後年「風貌から仕草に至るまで、市松を手本にした」とインタビューで答えている。 ...
  • 本役は中村主水・棺桶の錠と並び、シリーズ屈指の人気キャラクターとなり、続編である『新・必殺仕置人』にも出演した。
  • ある日、観音長屋に居を構えていた棺桶の錠が持ち込んだ事件をきっかけに北町奉行所で同心をしていた主水、鉄砲玉のおきん、おひろめの半次らとともに金を貰って、悪を闇に葬る殺し屋「仕置人」となる。 ...
  • 藤田以外のキャストは第1作『必殺仕掛人』以来、シリーズに実績のある中村玉緒と『必殺仕置人』で棺桶の錠を演じた沖雅也を再び起用し、ホームドラマで主に活躍していた新克利と渡辺篤史に、コメディアンの小松政夫らを新たに迎えた。 ...
  • 必殺シリーズ10周年記念と銘打って、棺桶の錠、知らぬ顔の半兵衛、仕掛の天平などの名立たる殺し屋たちが登場し、各々の殺しのシーンでは過去シリーズで、お馴染みのBGMが挿入されるといった、ファンサービス的な作品である。 ...
  • 同じ住人であった念仏の鉄、棺桶の錠、鉄砲玉のおきんと北町奉行所の定町廻り同心 中村主水と闇の御前の陰謀を暴くのに関わった末に、彼らとともに仕置人となる。 ...
  • 念仏の鉄、棺桶の錠、おひろめの半次とともに観音長屋の住人であるが、闇の御前の陰謀を暴くのに関わった末に、彼らや北町奉行所の定町廻り同心 中村主水とともに仕置人となる。 ...
  • 棺桶屋を営む青年、棺桶の錠。 ...