森林土壌

25 の用例 (0.00 秒)
  • はより暖かい地域に分布し、日本では沖縄等で森林土壌に普通である。
  • ヤマトオオイカダニは、南日本の森林土壌に普通に見られる大型種である。
  • 日本では本州南部以南の森林土壌や地上の植物遺体などで比較的普通に見られる。
  • 全18項からなり、造林樹種の取り扱いと森林土壌に関する規定からなる。
  • この種はインドの森林土壌から発見されたが、不思議なことにその時の新種記載に使われたタイプ株以外に発見されていないらしい。
  • 森林土壌中では1m 2 あたり数万個体と極めて高い密度に達する。
  • 森林土壌などに普通であるが、時にキノコ栽培に被害を与える。
  • この仲間の幼虫は全体としては森林土壌や水中、陸上などのさまざまな環境に生息するものがあり、必ずしも不潔なものではない。
  • 一般に森林土壌など、植物遺体の多い環境には非常に多いもので、枯れ木や朽ち木などにもよく繁茂する。
  • かつて国土庁土地局が出版した土地分類図に含まれる土壌図が、ほぼ全国的に網羅されており一般的なものとなっているが、縮尺が小さいため行政機関、研究機関等がそれぞれの利用用途に合わせて森林土壌図、などを造ることがある。
  • いずれも森林土壌から広く発見される。
  • その場合、植物の表面層や苔、森林土壌 などの発達によって降水は一気に谷へ下る事なく保持され、少しずつ供給されるため、谷の水はある程度の量で存続し続ける。
  • 森林土壌などからはよく発見される。
  • 土壌は主に褐色森林土壌で、尾根一帯は漂白化褐色森林土壌に覆われる。
  • たとえば森林土壌の菌類の研究で、実際の森林土壌の温度が多くの場合室温以下であることから、より低い温度で分離培養をし、それまでは得られなかったものが多数出現したことが報告された例もある。
  • 菌床栽培でも菌糸の蔓延した菌床を森林土壌に埋設して栽培するとかなりの品質の向上が認められるが、天然採集品と同時期のみの子実体発生となり温度管理等による周年の計画的出荷が不可能になるため生産方法としては一般的ではない。
  • 当時東京大学の大学院生であった彼は1967年にブータンの調査団に同行し、森林土壌からこれを分離した。
  • 森林土壌などからも発見される。
  • なお、カイメンタケは森林土壌中に生息し、生きた樹木の材を腐朽させる菌であるため、製材されたり構造物に用いられたりした木材上に子実体を形成することはほとんど皆無である。
  • ただし、大面積にわたる皆伐などの森林伐採を行い、森林土壌が流出する場合はこの限りではない。
  • 次へ »