梓圭一

23 の用例 (0.00 秒)
  • それは、梓圭一郎という男の、自分に対する無償の愛を試す言葉だった。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 人の入ってきた気配で顔をあげた平田と、梓圭一郎の目が合った。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 亜貴と涼子がまた座ったところを見計らって、梓圭一郎が口を開いた。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 銀座プロダクションの社長・梓圭一郎が、海洋堂出版のオフィスを訪れた。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 梓圭一郎は、火の点いたタバコの先を、マネージャーの鼻面に向けた。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • ロールスロイスの頑丈な車体すら破壊してしまった衝突の激しさは、梓圭一郎の生命を一瞬にして奪った。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • いつもは運転手にまかせるロールスロイスのハンドルを、今夜は梓圭一郎が自ら握っていた。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 女性関係で家族愛を失い、その女性関係にも疲れを覚えていた梓圭一郎にとって、セックスレスの涼子との関係は妙に新鮮だった。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • なにしろ梓圭一郎は、作品集のいわば著者である鮎川麻貴の代理人だからね。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 犯人はほんとうに梓圭一郎なのか。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 部屋の奥に置かれた黒い鏡面塗装の机の向こう側、事務所の人間からは『大臣の椅子いすみたい』といわれている本革張りのハイバック・シートに身を沈めて英字新聞を読んでいた社長の梓圭一郎は、机の上に広げた新聞から目を離さずに答えた。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 凶器となったボウガンも、すでに処分済みであったとみえて、丸尾涼子の自宅からも梓圭一郎の自宅からも発見はされなかった。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 梓圭一郎の誕生日に、愛のしるしとして、自分とペアのライターをプレゼントしたのだ。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 観音開きにこだわる梓圭一郎の意図をなんとか見いだそうと、平田は必死だった。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • そうした光景に軽蔑けいべつの視線を投げてから、イタリア製のブランド・スーツに身を固めた梓圭一郎は、『海洋堂出版』と曇りガラスに書かれたドアを押し開けた。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 平田は、鮎川麻貴と対面する前に、俳優かと見まごう事務所社長・梓圭一郎の存在に圧倒されてしまった。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • が、たしかに梓圭一郎は、丸尾涼子がそうしゃべるのを聞いた。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • その日のうちに見本を届けられた銀座プロダクション社長の梓圭一郎は、最初、陽明門のパノラマ写真が自分の指定した観音開きではなく、巻折りのままで掲載されていたことに激怒した。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 日本人ばなれした容姿に恵まれ、モデルや俳優などを経験し、自らのダンディぶりに絶大な自信をもつ梓圭一郎は、つねに『いい男』であるための自己演出に怠りはなかった。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 鮎川麻貴のマネージャー若林茂は、携帯電話にかかってきた梓圭一郎からの電話に、不審の声をあげた。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 次へ »