根本的な治水

17 の例文 (0.00 秒)
  • この為山形県は最上小国川の根本的な治水対策を行うために1991年より新しい河川整備計画を検討した。 ...
  • このため根本的な治水と利水が流域から要望されていた。 ...
  • だが、その後も堤防決壊を伴う水害は繰り返し起こり、根本的な治水対策が次第に求められた。 ...
  • 野洲川は天井川であり水害の被害も頻発していたが、野洲川ダムは洪水調節機能を有していないため根本的な治水整備は遅れていた。 ...
  • このため江の川本流のみならず、上流部最大の支流である馬洗川流域における根本的な治水対策が求められた。 ...
  • 根本的な治水対策を図るためにダム計画がクローズアップされ、大野ダムは1943年より内務省により着手された。 ...
  • だが、河川改修は堤防の建設程度に留まり、かつ宅地化の進行によって新たな堤防建設が難しくなったこともあり、根本的な治水対策としてダムによる洪水調節が図られることになった。 ...
  • 根本的な治水対策が求められるようになった経済安定本部は1949年に利根川を始め全国主要10水系を対象に「河川改訂改修計画」を策定した。 ...
  • このため、滋賀県は姉川の根本的な治水計画として「姉川総合開発事業」を策定し、その中心として治水ダムとして姉川ダムの建設を1977年に計画した。 ...
  • これを懸念した内閣経済安定本部は諮問機関である治水調査会に諮り根本的な治水対策を検討する。 ...
  • 特に1950年8月豪雨は名取川水系に過去最悪の水害をもたらし、根本的な治水対策が求められた。 ...
  • 揖斐川は古来より氾濫を繰り返す河川であり、大垣市を始め流域市町村は根本的な治水対策を岐阜県に要望していた。 ...
  • 長野県はダムの洪水調節機能による奈良井川の根本的な治水と同時に、流域農地への既得用水確保のための不特定利水、塩尻市・松本市に供給する上水道用水の確保を目的とする「奈良井川総合開発事業」を計画。 ...
  • 江戸時代を通じて排水条件は悪化していったが、明治時代に至り輪中地域全体で根本的な治水を行う機運が高まり、明治16年には桑原輪中木曽川長良川逆川水利土功会が桑原輪中内の23村により結成され、木曽川下流改修を迎えた。 ...
  • この台風13号での淀川の洪水流量は過去最悪のものであり、これを機に淀川流域の根本的な治水対策として建設省近畿地方建設局は「淀川水系改修基本計画」を実施。 ...
  • 一方で1959年の伊勢湾台風による紀の川大水害を教訓に『紀の川修正総体計画』が1960年に策定され、根本的な治水を図るため奈良県吉野郡川上村の紀の川本川に大滝ダムを建設する事となった。 ...