核磁気共鳴

161 の用例 (0.00 秒)
  • 近年、核磁気共鳴を用いた量子コンピュータの研究開発が行われている。
  • 損傷が軽・中度の場合には核磁気共鳴画像法でも確認できない場合がある。
  • J結合は一次元核磁気共鳴分光法における重要な観測可能な効果である。
  • それより少し遅れて核磁気共鳴分光法も用いられるようになった。
  • このような非対称性は核磁気共鳴画像法の体積分析により発見された。
  • 核磁気共鳴は純物質や化合物の分子の構造を調べるのに広く用いられている。
  • また20世紀で最も重要な医学上の進歩の1つである核磁気共鳴画像法の基礎にもなった。
  • 病院などにおける診断学の核磁気共鳴画像法の分野において世界的に認められた指導者の一人である。
  • しかしこのままでは、どこがどのような核磁気共鳴信号を発しているのかという位置情報に欠ける。
  • 核磁気共鳴画像法やコンピュータ断層撮影により障害部位を特定する。
  • MRI についての歴史は核磁気共鳴画像法の項を参照のこと。
  • 最近では、新規造影剤を利用した核磁気共鳴画像法による手法も注目を集めている。
  • これは構造生物学の研究分野で、X線回折や核磁気共鳴分光法などの技術が使われる。
  • これらは化学における配位子、例えば核磁気共鳴画像法造影剤に用いられる。
  • 核磁気共鳴の吸収線幅が転移に伴って狭くなることが多い。
  • また、項目「核磁気共鳴」の節「理論-二次元NMR」にも説明がある。
  • 核スピン対間の結合は核磁気共鳴分光法において分子の構造についての詳細な情報を与えるので重要である。
  • 核磁気共鳴画像法ですでに実用化されており、もっとも超伝導現象を一般的に用いているものである。
  • 彼の仕事はまた、当時新たに開発された赤外分光法や、後には核磁気共鳴分光法の技術の徹底的な使用を含んでいる。
  • また、必要に応じて赤外分光法や核磁気共鳴、電子スピン共鳴なども利用される。
  • 次へ »