核燃料サイクル開発機構

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • しかし採算に合わないため採掘は行われておらず、現在は核燃料サイクル開発機構人形峠環境技術センターが開設され研究が行われている。 ...
  • オメガ計画の具体的内容は、旧原子力研究所、旧核燃料サイクル開発機構及び電力中央研究所の三機関を中心として、これらの核種を分離回収した上で有効利用できるものは利用し、利用が困難なものについては短時間のうちに放射能が減衰する核種や安定な核種に変換する技術を開発することであった。 ...
  • 両施設における研究成果をとりまとめ、核燃料サイクル開発機構は1999年に地層処分の技術的信頼性を示した。 ...
  • なお、他にも旧・核燃料サイクル開発機構及び電力中央研究所が進めていた高速増殖炉を活用する先進核燃料サイクルなどの分離変換技術導入シナリオがある。 ...
  • その後、日本原子力研究所は核燃料サイクル開発機構と統合再編され、新たな独立行政法人として日本原子力研究開発機構が発足することになった。 ...
  • 同年12月18日には科学技術庁及び核燃料サイクル開発機構から北海道に対し、放射性廃棄物を持ち込んだり使用しないことや、中間貯蔵施設を町内に設置することは将来にわたってないことが回答され、併せて深地層の研究に関する申入れがなされた。 ...
  • ところが近年の調査で、白浜、有馬などの一帯の高温を噴き出す温泉は火山性の温泉ではなく、フィリピン海から潜り込んだプレートから滲出した高温の地下水が滞留しているものであることが、核燃料サイクル開発機構より研究報告された。 ...
  • これは理化学研究所、宇宙開発事業団、核燃料サイクル開発機構、日本原子力研究所および海洋科学技術センターにおいて、これまでに蓄積された知見・技術を最大限に活かして集学的に地震学研究を進めていくというものであった。 ...
  • 核燃料サイクル開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」も半島の先端部西側に位置し、半島全体では計7基が稼動、加えて日本原子力発電で2基を建築中である。 ...
  • 核燃料サイクル開発機構は、高速増殖炉、核燃料物質の再処理、高レベル放射性廃棄物の処理・処分に関する技術開発をかつて行っていた特殊法人。 ...
  • その後、2005年10月に核燃料サイクル開発機構は原研と統合され、日本原子力研究開発機構となった。 ...
  • 同年11月16日に、北海道、幌延町及び核燃料サイクル開発機構の3者で「幌延町における深地層の研究に関する協定書」を締結し、12月8日には「幌延町における深地層の研究に関する協定書に係る確認書」を結んでいる。 ...
  • 日本原子力研究所と核燃料サイクル開発機構を統合再編して、2005年10月に独立行政法人日本原子力研究開発機構として設立され、2015年4月に国立研究開発法人に改組した。
  • 高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏洩事故や、東海村再処理施設アスファルト固化処理施設の火災爆発事故などの不手際のため、1998年に廃止され、核燃料サイクル開発機構として改組された。 ...
  • 外務省情報調査局情報課企画官、在香港日本国総領事館政治部長、内閣官房内閣情報調査室内閣調査官、核燃料サイクル開発機構国際・核物質管理部次長、在ニュージーランド公使、在ポーランド公使、ホーチミン総領事を経て2010年からパナマ駐箚特命全権大使。 ...