栴檀は双葉より芳し

全て 名詞
11 の例文 (0.00 秒)
  • 後の驚くべき俊敏さと奇僧ぶりから推して、栴檀せんだんは双葉より芳し、子供のときから尋常ではなかったと考えられたのかもしれないが、次のような話が伝えられている。 ...
  • 明治十年、十六歳にして東京大学医学校の本科生となったというのだから、いかに早熟な時代だったとはいえ、やはり栴檀せんだんは双葉よりかんばしかったというべきであろう。 ...
  • 町名の由来は「栴檀は双葉より芳し」という故事によっている。 ...
  • 四股名の双葉山は「栴檀は双葉より芳し」から命名し、入門時に世話になった双川部長の一字も含まれる。 ...
  • 「栴檀は双葉より芳し」ということわざが存在するが、これはセンダンではなくビャクダンを指す。 ...
  • 双葉山は「栴檀は双葉より芳し」から命名された。 ...
  • 「雷の子はごよごよと泣きならい 〔柳38〕」という句のとおりのり声あり、また、「栴檀せんだんは双葉よりかんばし」とやらで、早くも臍に執着する子雷だった。
  • 「一言で言えば栴檀せんだんは双葉よりかんばし、ですがの」 「ほう、ほう、ほう」 と内藤半左衛門が奇声を発し、一同はどっと笑った。 ...
  • 「栴檀は双葉より芳し」は傍点の部分の戯訳である。 ...
  • 校名は「栴檀は双葉より芳し」ということわざが由来。