株式会社フレーベル館

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • なお、アンパンマンで有名な出版社、フレーベル館は、彼の名前に由来したものである。 ...
  • きんだーてれびは、テレビで送る子ども雑誌番組であり、フレーベル館絵本原作アニメや番組オリジナルアニメ、歌のコーナーなどを放送している。 ...
  • 株式会社フレーベル館は、東京都文京区にある児童書を中心とした日本の出版社である。 ...
  • フレーベル少年合唱団は、児童書や絵本などの出版で知られる株式会社フレーベル館の社会還元事業として運営されている児童合唱団。
  • この間には園長が発案した大型の積み木がフレーベル館によって開発され、マリア・モンテッソーリの教具を購入するなど、教材研究を進めた。 ...
  • 初期の頃、隊長の書く転覆バトルの報告書が面白いと評判になり、1997年4月にフレーベル館から単行本 が発売された。 ...
  • 来年の四月にフレーベル館から新版のが出るが。 ...
  • アニメ以外では、「リトルツインズものがたり」というシリーズ名で、土田勇による絵本がフレーベル館より発売された。
  • 動物シリーズと静物シリースの作品群に分類され、幼児向けの絵本として『くるりんぱ だ〜れ』および『くるりんぱ な〜に』としてフレーベル館から刊行されている。 ...
  • 鈴木はフレーベル館が運営するコーラスグループ「フレーベル少年合唱団」のメンバー時代にソロでテーマソングを吹き込んだ。 ...
  • フレーベル館から『アンパンマンとリンゴぼうや』が2013年11月に発売され、これがやなせの最後の作品となった。 ...
  • キンダーブックは、1927年11月にフレーベル館より創刊された絵本雑誌。
  • 横浜アンパンマンこどもミュージアムに関しては忠実に再現されているため、エンドクレジットに「やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV」の表記がある。 ...
  • 初版から絵本として刊行されたものでは、フレーベル館の月刊絵本「キンダーおはなしえほん」シリーズの1作品として1973年に発売された、やなせたかし『あんぱんまん』が最初だった。 ...
  • 同年11月にはフレーベル館から、やなせの多方面に及んだ活動を網羅した作品集『やなせたかし大全』が出版。 ...
  • 太平洋戦争中も児童誌の挿絵画家として積極的に活動し、講談社『少年倶楽部』やフレーベル館『キンダーブック』、東京社『コドモノクニ』で数多くのイラストを発表した。
  • 同年に1969年発表したアンパンマンを子供向けに改作し、フレーベル館の月刊絵本「キンダーおはなしえほん」の一冊「あんぱんまん」として発表。 ...