株式会社あけぼの

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 昨夜の二三時二六分秋田発の特急「あけぼの6号」に乗ったのだという。 ...
  • あけぼのの光が、ばら色の雲といっしょになって、照りはえていました。 ...
  • 大昔、人類のあけぼのの時代には、かれはしばしば神として行動した。 ...
  • あけぼの、八合原地区には、郊外型店舗の進出も徐々に進んできている。 ...
  • なお、先代の「あけぼの」は同工場で最初に建造された自衛艦にあたる。 ...
  • あけぼのの光を受けた城壁の残がいは、まるで血に染まったように見えた。 ...
  • あけぼのと共に以下のような多くの技術的チャレンジとその検証が行われた。 ...
  • 青春のあけぼのは短く、残齢のたそがれは長いと申すではありませんか。 ...
  • しかし『あけぼの』の問題はとりあえず今回のことには関係しない。 ...
  • 彼らは「あけぼの」関係者を後顧の憂いのないように叩き潰したのだろう。 ...
  • あけぼのの光がさしそめるとすぐ、一行はまた列をはじめた。 ...
  • 寒い灰色のあけぼのが、もう、かすかに天幕にしのび寄ってきていた。 ...
  • なお、北都銀発足後に、旧あけぼの店である旭南支店を統合している。 ...
  • ことに春と秋の日の出は「瀬戸内のあけぼの」といわれるほど華麗だった。 ...
  • 労働者組織だけでなく、運動の実質的内容からみても一八四八年は労働運動のあけぼのであった。 ...
  • 「あけぼの」は海上訓練をしながら横須賀へ帰ることになっていた。 ...
  • 晩春の夕風がまるであけぼのの色に染まるような、まさに無双の美しさだ。 ...