校舎が全焼

20 の用例 (0.00 秒)
  • また横須賀市内では大震災によって火災が発生し、海軍機関学校の校舎が全焼するなど大きな被害を受けた。
  • 疎開する学生を受け入れて開校を待ちわびていたが、米軍の爆撃により校舎が全焼し、生徒たちは全員死亡した。
  • 二度の校地移転を経て1929年以降現在の校地に所在しているが、1945年3月には太平洋戦争による空襲で校地内に焼夷弾が落ち校舎が全焼するなどの被害を受けた。
  • また同年6月1日の大空襲では鶴町国民学校の校舎が全焼・新千歳国民学校の校舎が半焼する被害を受けた。
  • 校舎が全焼する事件が起き、米兵の引渡し騒動など一部混乱はおきたが特に害は無かった。
  • しかし1923年の関東大震災で校舎が全焼し、再び校舎を建てなおすこととなった。
  • 海軍機関学校は関東大震災で校舎が全焼したため、一時期江田島の海軍兵学校の校舎を借りて教育が行われた。
  • 昭和20年5月までに空襲で大久保の校舎が全焼し、高商のある杉並区大宮に全てが移転した。
  • この空襲で東平国民学校の校舎が全焼している。
  • 学校の10分間の休憩時間内に決着がつき、しかも覚えやすいリバーシのルールであることから、戦災で校舎が全焼して青空授業が行われていた同校の生徒の間に徐々に広がっていったという。
  • その影響で校舎が全焼した香川県立師範学校は綾歌郡山内村国民学校へ移転し、校舎の大半が焼失した高松経済専門学校も翌1946年に善通寺市へ移転した。
  • なお、この第二体育館は、1934年に校舎が紅雲町から天川原町に移転した際に建てられた生徒控所で、1952年に校舎が全焼した際も焼け残り、新校舎の完成までは仮教室として使用されていた。
  • また1945年6月1日・6月7日の大阪大空襲により、木造校舎が全焼するなどの被害を受けた。
  • 同年3月13日から翌3月14日の第一次大阪大空襲では、東栄・南栄両校の校舎が全焼した。
  • 太平洋戦争では、近くにある三菱電機伊丹製作所への空襲の巻き添えで、校舎が全焼する被害を受けたが、同じ場所に校舎を再建した。
  • 明治11年に公立篠山中学校となり、明治16年に校舎が全焼する事態に見舞われたが、旧篠山城内堀内令順第2家宅を購入し再建した。
  • 元々は木造校舎だったが、1972年に校舎が全焼したため、1974年に鉄筋校舎に建て替えられた。
  • 太平洋戦争中に空襲により校舎が全焼した。
  • 同校地は後身の新制弘前大学教育学部に引き継がれたが、1962年1月、火災で西校舎が全焼した。
  • 太平洋戦争中、空襲により校舎が全焼した。