校倉

全て 名詞
70 の例文 (0.00 秒)
  • そのうち中心的な建物である2棟が板校倉式と呼ばれる構造をしていた。 ...
  • どうすることもできずに、校倉は七花に対し、あらん限りの悪態をつく。
  • 商売人としての校倉の才覚は、どうやら見事に発揮されたようだった。 ...
  • そういえばあのとき、一瞬校倉と眼があったような気がした、と七花は回想する。
  • 木造の歩道と傍には1、2階建ての校倉が立ち並んだ通りが敷設された。 ...
  • 校倉建物は史料から、諸国の官衙には校倉があったが、建物は残っていない。 ...
  • 校倉のその言葉は、残念ながら本当のようだった。
  • その上で賊刀『鎧』を所有する校倉どのが、どうしてこの宿にやってくる? ...
  • 前述のように校倉は律令制の下で租税を貯蔵する必要に迫られたことから発生したと考えられる。 ...
  • ただ、取りようによっては弱点とも思えるそんな反応を校倉に対して示すほど、とがめも嘘のつけない女ではない。 ...
  • 校倉が気がついたときには、既に彼のふところに這入り込んでいる七花。 ...
  • クリロフの家は樺太における露人の住居特有な校倉あぜくら式の丸太組のそれではなかった。 ...
  • ここでは、外周柱穴列を屋根支柱と推定して、校倉で復元している。 ...
  • 彼女は校倉にこう言ったのだ。
  • まあ、おかげで校倉の戦いを見られたのは、繰り返すが幸運だった。
  • 正集は、閉封後も曝涼できるように手向山八幡宮前の校倉に収納されることになった。 ...
  • ご明察と言いながら校倉がそこに続けた言葉は、とがめの予想を真っ向から完全に裏切るものだった。
  • 次へ