栄華を極め

99 の用例 (0.00 秒)
  • 中世に貿易港として発展し、「東洋のベニス」として栄華を極めた。
  • この時点で下妻城は面影をとどめないほど荒廃し、栄華を極めた多賀谷氏の時代はすでに過去のものとなっていた。
  • 「風と共に去りぬ」はこの時の背景を中心に南北戦争を描いており、奴隷制度にあって栄華を極めた南部の貴族的文化社会が南北戦争という「風」と共に去ったことを意味する。
  • そのため、人類が宇宙に出て栄華を極めた西暦2千数百年代頃の科学技術は一種のロストテクノロジーとして扱われており、メックもその過去の超技術の産物の一つである。
  • 士族の家らしい風格のある造りではあるが、手入れが行き届いていない庭は、一族が栄華を極めていたのは遠い昔であることをしのばせた。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 人類の文明が栄華を極め、ついに宇宙に進出が始まろうという頃、一人の科学者が今までの常識を覆すエネルギー『カオティクス』の開発に成功した。
  • ところが近年は平家のみが朝廷を守護することになり、20余年の栄華を極めたるに、今は運尽きてこうして捕えられました。
  • 宇宙船によって惑星間の移動も簡単に行え、通信も極高周波発生装置という技術によって恒星間のリアルタイム通信も行うほどで、人類は栄華を極めた。
  • 結果的にラッセルが引退するのと同時に、13年の間に11回の優勝と栄華を極めたボストン王朝は一瞬で瓦解する。
  • 魔界はサタン一世の支配下で他の勢力の追随を許さない栄華を極め、その息子で若くして魔界の支配権を継承したサタン二世の治世となってからもその勢いは一向に衰えを見せなかった。
  • 栄華を極めたカリフォルニア・ゼファーであったが、鉄道全体の衰退に伴い苦境に立たされていった。
  • マムルーク朝統治下のエジプトは、貿易と農業で栄華を極め、首都カイロは、近東世界では最も裕福な都市の一つとなると同時に、芸術、文化活動の中心となった。
  • しかし、話自体は秀吉が栄華を極めていた時期、史実からすると小一郎秀長や、母・なかが亡くなった時点で終了し、甥・秀次一家の惨殺や朝鮮出兵の失敗などの晩年部分は描かれなかった。
  • また、その弟で信長の小姓となった森蘭丸も父兄の治めた美濃国金山に6万石を与えられ、森氏はかつてない栄華を極めた。
  • 日本、支那、印度インド、西洋の各国に於ても、或る文化種族がその栄華を極めた時、即ちその文化的能力を極度に発揮した時、日常事にふれて詩歌を以て相語り、舞を以て仕事を行った時代があったそうである。 夢野久作『能とは何か』より引用
  • 彼はその掠奪した婦女を侍女とし、妻妾として栄華を極めた。 喜田貞吉『人身御供と人柱』より引用
  • 秀吉に気に入られ、豪商としての特権を与えられて以後は博多商人の第一人者として栄華を極めた。
  • その昔、栄華を極めた陸奥の武人たちが女人打ち連れて月見をしたというさまを想い浮かべてみた。 村山俊太郎『平泉紀行』より引用
  • れど我なんぢらに告ぐ、栄華を極めたるソロモンだに、その服装よそほひこの花の一つにもかざりき。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • ハバネラはすべての階層に行き渡り、イングランドやフランスのサロンで国際的な栄華を極めた。
  • 次へ »

栄華を極め の使われ方