栄華を極め

99 の用例 (0.00 秒)
  • たったひとりの魔人によって、栄華を極めた超魔法の文明は滅び去った。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 栄華を極めた白子港が衰退した直接の原因は安政の大地震であるとされている。
  • その頃は、大修道院が栄華を極め、巨大な知識的影響力を持った時代であった。
  • 街は旧時代の非効率的な姿だったが、かつて栄華を極めた文明の生き残りでも人の匂いがする。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 今では、表は栄華えいがきわめたのに対し、裏は衰退すいたい一途いっとなわけですし。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • かつてその文明力と科学力は栄華を極め、平和な星だった。
  • かつて栄華を極めた王族神の敗者復活戦もまだ始まったばかりだ。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 島田が栄華を極めた時代から、新たな時代への移り変わりであった。
  • 約束どおり、梁王となった彭越は前漢王朝の重臣としての栄華を極めた。
  • 私に従っていればあと十年は栄華を極められたものを。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 栄華を極めた鶴見園の跡地は分譲され、住宅地や商店に姿を変えた。
  • 孫亮の治世下、外戚である全氏は呉の要職の多くを占め、栄華を極めたという。
  • 無数のゾンビの襲撃を潜り抜け、地上に出た彼らを待っていたものは、かつて栄華を極めたロンドンの崩壊した姿だった。
  • そして、栄華を極めていた彼の姉の国は、見渡すかぎりのクレーターと化した。 西野かつみ『かのこん 第11巻 ~アイはぼくらをすくう!~』より引用
  • 仏教界の栄華を極めたはずの養叟は、しかし空虚な人生を嘆きながら没した。
  • これは本作の時代から約千年前、当時からは想像もつかない高度な魔法文明によって栄華を極めていた時代の光景であり、新装版に収録された短編『不死王』で描かれている。
  • 太古にあってはエジプトとともに栄華を極めた都市国家が繁栄したが、現在では廃址はいしと化した。 ランボー/金子光晴訳『イリュミナシオン』より引用
  • ミーコの腹に食い込んだ鈴はかつて栄華を極めた店でトップダンサーだったあかしだ。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 増上寺の寺境六百余町歩、それが幕府全盛の頃には、大江戸に栄華を極めたに違いない。 佐藤垢石『増上寺物語』より引用
  • このように栄華を極めた家斉であったが、最期は誰ひとり気づかぬうちに息を引き取ったと伝えられ、侍医長・吉田成方院は責任を問われ処罰された。
  • 次へ »

栄華を極め の使われ方