柿沼周子

25 の用例 (0.00 秒)
  • 亀山の前に柿沼周子は、一児の母や妻ではなく、一人の女として存在していた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • あの男、と呼び方を変えたことに、柿沼周子の強い意志の現れが見えた気がした。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 柿沼周子には、鍵を厳重にかけて家から一歩も出ないように、と言ってある。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 両者をつなぎ合わせて、自分の姿を目撃した女が、〈柿沼周子〉だと知る。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 家政婦の言った柿沼周子の一連の行動には、何かしら不明瞭ふめいりようなものがある。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 一人きりで柿沼周子という、最初に会ったときから何かなぞめいたものを感じた女と対面したかったのだ。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 柿沼周子が住んでいた家は、容易に探し当てることができた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • それを見て、亀山は、久美は自分のことをこの柿沼周子という女に話しているのではないか、と思った。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 宛名あてなには、正確な番地と柿沼周子という名前が、ワープロ文字で打たれている。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 再ダイヤル・ボタンを押して、久美が最後に電話をしたのが柿沼周子だったことは、すでに確認済みである。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 駆けつけたとき、柿沼周子は思いのほか取り乱していなかった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 世間の常識からはずれたところで生きている人間を相手にするのは得意な亀山でも、柿沼周子のような〈幸福な家庭〉に執着する一主婦となると別だ。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • ただ、柿沼周子が言ったことは、あながちはずれてはいないだろう、と直感している。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 柿沼周子から聞いた話は、亀山に衝撃を与えた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 柿沼周子と呼ばれた女は、はにかむような微笑ほほえみを浮かべ、「こんにちは」と言った。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 頭のもう片隅に、柿沼周子のことが引っかかっている。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • いきなり柿沼周子がかかわってきて、亀山は身を乗り出した。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 柿沼周子は、焦点の定まらない視線を宙に漂わせた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 「学生時代の友達で、亀山さん」と、亀山を紹介したあと、「こちら、高校時代の友達で、柿沼周子さん」と、彼女を紹介した。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 柿沼周子しゆうこは、その朝、夫に言った。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 次へ »