柳永二郎

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 山田伸吉が柳永二郎の娘を連れて来て、頼むと言ふ、顔がいけない。 ...
  • 同じ女優の永井百合子は柳永二郎との娘、俳優の長谷部健は中野英治との息子。 ...
  • 両親は俳優の柳永二郎と女優の英百合子。 ...
  • 日曜・祝日には子供向けのお伽芝居をやり、これには栗島狭衣・柳永二郎・栗島すみ子・梅村蓉子らも関係した。 ...
  • また、「新日本劇」時代の同僚だった柳永二郎や、娘婿に当たる小林重四郎なども出演した。 ...
  • 柳永二郎、娘のことをたのみに楽屋へ来る。 ...
  • 同月、日本コロムビアが発売した演劇レコード『獅子に喰はれる女』全4枚に八重子や柳永二郎とともに出演し、同年11月1日に公開された発声映画社による『大尉の娘』に出演している。 ...
  • 獅子文六は、横浜の絹物商の子で、岩田豊雄の本名で書いた「朝日屋絹物店」という芝居があり、新劇座で、柳永二郎と村瀬幸子が共演したのが、昭和九年である。 ...
  • 柳永二郎・英太郎夫妻に、山田伸吉夫妻、それにクス子姐さんや堀井夫妻もあらはれ、麻雀やり始めたが、新派ルールで、何か名のある役以外はアガリ無しだから、しんから面白くはない。 ...
  • 先日、帝劇の夜の部の舞台を通じて、柳永二郎と大矢市次郎とが、それぞれ、一句づつ、名「せりふ」を聴かしてくれた。 ...
  • 花柳章太郎、柳永二郎、伊志井寛らの若手が育って、1939年に新生新派を分家した。 ...
  • 御荘金吾によれば、下村は古書画や浮世絵にも造詣が深く、1977年の「川上音二郎・貞奴展」で展示された川上音二郎の書簡にまつわり、宛先の野村芳国が野村芳亭の実父であり、野村芳太郎の祖父であることを指摘し、柳永二郎や岡部龍らを感嘆させたという。 ...
  • 座は大満員、英太郎楽屋へ来る、柳永二郎も。 ...
  • 新派系の劇団を転々としたのち、1939年に花柳章太郎・伊志井寛・柳永二郎・川口松太郎・大江良太郎らと、劇団『新生新派』を旗揚げ、戦後の劇団新派結成へも関わり、新派に欠かせぬ中心メンバーとなる。
  • 柳永二郎、英太郎、大矢市次郎で徹宵、奇抜な、めちゃガメリ麻雀で、面白くないが、暁近くなると例の喋りでアホっちまひ、大分負けてたのを千プばかりで助かり、午前七時竹川に泊る。 ...