柔和忍辱

6 の例文 (0.00 秒)
  • 大抵柔和忍辱の仮面をかぶつて、世の中を渡つて行く人は、何物をか人に求めるのである。 ...
  • いったい、節蔵は意識して「柔和忍辱の仮面」をかぶっているというのであるが、しかしその「仮面」のしたに、なんらひとにものを求める下心をかくしていないというのは、どういうことであろうか。 ...
  • 所謂柔和忍辱にんにくの意にして人間の美徳なる可しと雖も、我輩の所見を以てすれば夫婦家に居て其身分に偏軽偏重へんけいへんちょうを許さず、婦人に向て命ずる所は男子に向ても命ず可し。 ...
  • 若しも然らずして単に婦人の一方のみを警しめながら、一方の男子には手を着けず、恰も之を飼放かいはなしにして自儘じまま勝手を許すときは、柔和忍辱の教、美なりと言うも、唯是れ奴隷の心得と言う可きのみ。 ...
  • 畢竟するに其親愛が虚偽にもせよ、男子が世にもあられぬ獣行を働きながら、婦人をして柔和忍辱にゅうわにんにくの此頂上にまで至らしめたるは、上古蛮勇時代の遺風、殊に女大学の教訓その頂上に達したるの結果に外ならず。 ...