柔和な顔つき

18 の例文 (0.00 秒)
  • もう五十をすぐ前にした柔和な顔つきで、しかもとても謙虚な態度であった。 ...
  • むしろ柔和な顔つきで、何もいわず見送ることで粋なはからいとした。 ...
  • パンチパーマも柔和な顔つきも前に会った時と変わらなかったが、どこか疲れたような印象があった。 ...
  • 「さっぱりしました」 そう言って、柔和にゆうわな顔つきを、さらに破顔させる。 ...
  • 大内さんは、勝負師には見えないような柔和な顔つきをしている。 ...
  • 二、三ヶ月程たって後息子の顔が店に見えぬようになって、店の塵を払う亭主は前よりも忙がしげに見えたが、それでもいつも同じような柔和な顔つきで、この男のみは裏木戸に落つる梧葉ごようの秋も知らぬようであった。 ...
  • そしてふっと一瞬表情をかなし気に曇らせ、再びあきらめたように柔和な顔つきに戻っていった。 ...
  • 頭を剃った、柔和な顔つきの僧侶が行くのを見ると東洋に雲集する何百万人に対して仏教が持つ大勢力が目のあたり立証される。 ...
  • とり立ててハンサムではないが、柔和な顔つきと、控え目な話しぶりとが誰からも好感を持たれた。 ...
  • 僕は気の毒に思った、その柔和な顔つきのまだ生き生きしたところを見て、無残にも四足を縛られたまま松の枝からさかさに下がっているところを見るとかあいそうでならなかった。 ...
  • よく肥った柔和な顔つきの四十女で、色がぬけるように白く、和服の着付けがはっとするくらい巧い。 ...
  • もともと少女のような柔和にゅうわな顔つきで細身のサーラは、長い黒髪くろかみのかつらをかぶってスカートを穿き、むねに少しめ物を入れれば、だれが見ても本物の女の子にしか見えない。 ...
  • フリレール神父が、柔和な顔つきでやってくるのが見えたときには、陰惨な犯罪などという考えは、消えせてしまった。 ...
  • だが二人の柔和な顔つきの魔術師が、グロリムの二回にわたる攻撃にも冷静な決断をもってのぞみ、これをしりぞけたのだ。 ...
  • そのうえ妙に依怙地いこじで、意地悪なところがあり、どうかした拍子に、急に柔和な顔つきが消え、不快そうな表情になり、顔をしかめ、舌うちをしたり、ひざを貧乏ゆすりさせた。 ...
  • 天から遣わされた聖なる大蛇で、ブラキよりも灰や蒼い体色と柔和な顔つきをしており、より丸みを帯びた美しい姿を持つ。 ...
  • ただ、柔和にゅうわな顔つきで。 ...