柔和な顔

103 の例文 (0.00 秒)
  • スミスはその柔和な顔だちに諦観の色が濃くなっていくのを眺めていた。 ...
  • あの処刑を命じたのはこの柔和な顔をした男だとは司祭にはどうしても思われない。 ...
  • しかし、仕事が一段落つくと、以前にはなかった柔和な顔の父だった。 ...
  • 兄弟はクリストが十字架についた時のやうに、柔和な顔をしてゐた。 ...
  • 中国人らしい男が柔和にゆうわな顔をして、にわとりいている陶器とうきの人形だった。 ...
  • それでも、あのたおやかで柔和にゅうわな顔の向こうを垣間見かいまみた時は、ふるえがきた。 ...
  • ケーベルさんは少しはにかんだような色を柔和な顔に浮かべて聴衆に挨拶あいさつした。 ...
  • 浦幌太に入ってきたころの柔和な顔は、どこへ消えたものか。 ...
  • 柔和な顔は仮面でしかないんだと、俺はわかってしまうのだ。 ...
  • 「承知いたしました」と、藤兵衛は柔和な顔だが、少し皮肉に答えた。 ...
  • 入口の勘定台には柔和な顔をした老人がいて、久我を見ると丁重に頭をさげた。 ...
  • 父親の胸に抱かれた祖母の遺影は、柔和な顔で植月を見守っているようだった。 ...
  • 玉枝はほっと救われたような気がして、じっと船頭の柔和な顔を仰いでいた。 ...
  • 岡廻りの母親は、腰の曲がった白髪しらがの老婆だったが、柔和にゆうわな顔をしていた。 ...
  • 瑤子がその料金所の前を通ると、中で柔和な顔をした老人が、軽く頭をさげて見せていた。 ...
  • ひょっとすると、私がこの店の女店員のそんな柔和な顔を見たのは、それがはじめてではなかっただろうか。 ...
  • 北さんは、元の柔和な顔に戻っていた。 ...
  • 次へ