柔和な老人

9 の例文 (0.00 秒)
  • あの柔和な老人が、我が子を失って嘆く姿が想像されて胸をうたれた。 ...
  • 一つは柔和な老人の写真で喪章の黒いリボンが附けてありました。 ...
  • 大きなスクリーンに映っているのは、タキシードの似合う柔和にゅうわな老人ではない。 ...
  • 「いま奉行から貴殿の一件を詳しく聞いたところだが、貴殿が見たという倉庫にあったのは、間違いなく白糸の梱包こんぽうであろうな」 柔和な老人の眼は、そのとき一瞬光ったように見えた。 ...
  • 父は近所の人たちからも「貴島の小父さん、貴島の小父さん」と親しまれ、ごく柔和な老人でした。 ...
  • 高間家に残つてゐる古ぼけた一葉の写真によると、それは老後の殆ど死の一年前位の肖像ださうであるが、一人の容貌魁偉な、真白な髪をたらした、眼の柔和な老人が見える。 ...
  • まへに述べた、雪月花の広告壁画の目立つた石町の曲り角には、やがて時代が変ると、こんどは屋根のうへの大招牌に、ペンキ絵の、これも大きな人物画が、宗匠帽子の柔和な老人となつて現はれ、そのわきに句が入れてあつた。 ...
  • 光國が義直の邸で見た羅山は、息子たちの講義をにこにこして聴きながら、ぷかりぷかりと美味そうに煙管を吹かしている大人しい柔和な老人だった。 ...