柔和な笑顔

35 の例文 (0.00 秒)
  • もちろん顔には心とはうらはらに柔和な笑顔を浮かべてはいるつもりだ。 ...
  • それにしても、こちらまでがつられてつい笑ってしまうような柔和な笑顔である。 ...
  • あれほど強靭きょうじんな女でさえ自分に柔和な笑顔を示した。 ...
  • 当の度会さんは警察で身代わり逮捕たいほされ、一樹いつき柔和にゅうわ笑顔えがおで生活を続けている。 ...
  • なのに目の前には昔と変わらぬ柔和な笑顔がある。 ...
  • 白河半平の妙になれなれしく、女性のように柔和な笑顔も気にかゝる謎であった。 ...
  • こちらへ向けて大きく傾いている竹垣の向こうに、隣家の主人が柔和な笑顔で立っていた。 ...
  • 熱心に見た彼女が彼に柔和な笑顔で言ったのは、精進なさってね、というひと言だった。 ...
  • 不意をかれて、ギョッとなった瑤子へ、その男は柔和な笑顔で右手をさし出した。 ...
  • その柔和な笑顔を見ると、たしかにどこかで会ったことの在る顔だとは思いましたが、どうしても思い出せません。
  • また最初の柔和な笑顔に戻った。 ...
  • 実年齢よりもずっと若く見える柔和な笑顔からも、恐ろしげな印象はまるで受けない。 ...
  • 柔和な笑顔だったが、ひどく遠方にいるひとを眺めるような、心もとない眼つきであった。 ...
  • 「お帰りなさい」 赤子を抱いて部屋のドアを開けた由里子の柔和な笑顔、それを見た瞬間が二人にとっての頂上だったのかもしれないとも思う。 ...
  • 「ちょっと、それってひどいじゃないの」 いくら夫婦でも、と言いかけた雅代に宮川は柔和な笑顔を向けてくる。 ...
  • 「冗談だよ」 甲賀は柔和な笑顔になり、ソファーに腰をおろして煙草をくわえる。 ...
  • 走ってお信が近よると、治助は、 「先に家へ帰って、お客さまのために湯をわかしておくれ」 どこか不安そうな娘へ柔和な笑顔をみせた。 ...
  • 次へ