柔和な笑み

39 の例文 (0.00 秒)
  • 真奈美は柔和な笑みを浮かべて良樹の両手を取り、首を横に振った。 ...
  • 住職は細かなしわの寄った顔に柔和な笑みを浮かべて、集まってきた者を眺めた。 ...
  • 共に歴史の中で多くの事柄に深くかかわってきた二人の老人は、それぞれ柔和にゅうわな笑みを浮かべている。
  • 保安上問題があるのではないかと進言したことがあるが、その時は柔和にゅうわな笑みと共に無視された。 ...
  • それでも、彼は近くにいる少年を見つけると、柔和にゆうわな笑みを浮かべる。 ...
  • その老人が、口元に、柔和にゅうわな笑みを浮かべて、四人を眺めていた。 ...
  • 柔和な笑みをたたえていながら、どうかしたはずみに、凄い目をすることがある。 ...
  • 「お玉どのは、和歌を好まれるか」 柔和な笑みを浮かべた藤孝が尋ねた。 ...
  • 柔和な笑みをたたえた端正な顔には、人に疑いをいだかせるものは微塵みじんも感じられなかった。 ...
  • 女がふたたび柔和な笑みを浮かべ、うなずいた。 ...
  • 思わずつられて微笑み返してしまうような柔和な笑みだ。 ...
  • 「あんたがやってみたいことと、この作家と関係があるのかな」ここでひと口お茶でもすすれば申し分がない間ができる、そう思いながら老人は柔和な笑みを浮かべた。 ...
  • 真奈美の素朴で柔和な笑みは、いつも良樹に安らぎを与えてくれる。 ...
  • 六太が半分、あきれた気分で見上げると、朱衡はたいそう柔和な笑みを浮かべた。 ...
  • 少年は風貌ふうぼうに似合わない、柔和にゆうわな笑みを浮かべていた。 ...
  • 彼が見ているのは、壇上で柔和にゆうわな笑みを浮かべる親船や、その声を聞いて拍手をしている子供たちではない。 ...
  • さぞコワモテの輩かと思えば、目の前の青白くひょろっとした青年は柔和な笑みを浮かべている。 ...
  • 次へ