柔和な眼

51 の例文 (0.00 秒)
  • 柔和な眼でそして細長いけれど矢張り何處かに恐ろしいやうな所がある。 ...
  • 「ああ、あの時の刑事さんですか」 林は柔和にゆうわな眼になってニッコリした。 ...
  • どこへ行っても久保川は、柔和な眼で、うすく口をあけて眺めている。 ...
  • 皮膚のたるみや皺は見えず、サングラスの奥の柔和な眼だけが見えた。
  • それは悲しい柔和な眼つきだったが、好意といっては少しも感じられなかった。 ...
  • ホアハオ婆さんはそれまでにないような柔和な眼で姪を見つめた。 ...
  • 濃いまゆと柔和な眼もとが、青年にそっくりだった。 ...
  • ただ漆黒の柔和な眼の下のあたりには、すでにやや疲れた色があって、はっきりとくまができている。 ...
  • 彼はやや痩せていたが、柔和な眼をしていた。 ...
  • 髪のもじゃもじゃの、柔和な眼の、顔色のわるい、痩せた青年だった。
  • 母にも優しかったし、清夫にも柔和な眼を向けてくれた。 ...
  • 青年の柔和な眼が暗くなった。 ...
  • 「われわれがいまどのような立場にいるかを、きみは理解しなければいけない」と彼は澄んだ柔和な眼をおれにむけてつづけた。 ...
  • 常識では言えぬことを言ってのけたおふくの柔和な眼は廊下の暗がりできらきらと異様に光っていた。 ...
  • 澄んだ柔和な眼が濃い髯のなかからおれたちを見まわす。 ...
  • ハンゲマン博士は濃いまゆと柔和な眼で山上を迎えた。 ...
  • 普段は好々爺然とした柔和な眼が、芸に関する限り容赦のないきびしさで光る。 ...
  • 次へ