柔和な目

27 の例文 (0.00 秒)
  • しかしごく気の小さい好人物で柔和な目にはどこやら人を引く力はあった。 ...
  • その柔和な目の奥に彼だけに見える地獄があるのだろう。
  • それに、どうしてお前は黙ってしみじみとその柔和な目でわしを見つめておるのだ? ...
  • やつれた清兵衛の顔がびくりとしたが、すぐに柔和な目を見せた。 ...
  • 「君は柔道も強いそうだな」 牛は童児のように柔和な目に笑みをたたえた。 ...
  • 笑うと、今しがたちかりと光った細い目が、たちまちえも言われぬ柔和な目となった。
  • そのとき友江は、細い柔和な目をいっそう細めて、おかしそうに笑うだけだ。 ...
  • しかし、老人とはいえ、柔和な目には強い意志があふれ、肌は若者のそれのようにつやつやとしている。 ...
  • もはや、かつて柔和な目で物静かに有職故実ゆうそくこじつを語った上野介の面影はなかった。 ...
  • 「いまちょうど、あなたのことを考えていたものですから、びっくりしましたよ」 眼鏡の奥に、いつも柔和な目が笑っている。 ...
  • 目尻の下がった柔和な目とストレートな長い黒髪が印象的だ。 ...
  • 愛子は羊のように柔和な目をまばゆそうにして、姉をぬすみ見ながら、着物を着かえて下に降りて行った。 ...
  • 柔和な目が更に、慈愛に輝いて言った。 ...
  • 父はむしろ柔和な目の持ち主だ。 ...
  • 久富は、柔和な目をしていた。 ...
  • 氣負ひ立つ紀昌を迎へたのは、羊のような柔和な目をした、しかし酷くよぼよぼの爺さんである。 ...
  • 気負い立つ紀昌をむかえたのは、羊のような柔和にゅうわな目をした、しかしひどくよぼよぼのじいさんである。 ...
  • 次へ