柔和な感じ

22 の例文 (0.00 秒)
  • 仏の武兵衛と言われるだけあって、確かに柔和な感じがする。 ...
  • しかし、話しはじめると、いつもの柔和な感じにもどっていた。 ...
  • 平べったい顔も普通より大きいが、細い目は柔和な感じだった。 ...
  • 二十五六の少し華奢きやしやではあるが、柔和な感じのする好い男振りです。 ...
  • パイナン隊長よりもまだだいぶ年上のようで、柔和な感じの人物であった。 ...
  • 井上は度の強い眼鏡をかけた、柔和な感じの男だった。 ...
  • それに比べ、清二は見かけは柔和な感じで、線が細い。 ...
  • 二十四五の平凡な男で、よく言へば實直さうな、鼻の大きい、眼の細い、柔和な感じのする人間です。 ...
  • 背の高いその官吏は、前日われわれをつかまえにきた人とは違って、何か望みのもてそうな、柔和な感じのする人だった。 ...
  • 荒くれた小僧の中で、この小僧だけが柔和な感じがする。 ...
  • 強度の不眠症ということであったが、それでも、子供のようにコーヒーのお代りを催促して、柔和な感じの老夫人にたしなめられていた。 ...
  • 眼鏡をかけた柔和な感じの黒人の店員が「ありがとうございます」と日本語で言った。 ...
  • 縁無し眼鏡の奥にある瞳は一見柔和な感じだが、磨かれた知性がときたま人を刺すように光る。 ...
  • 出てきた二十六、七の、柔和な感じの男をみると、 「や、山岡先生、しばらく」 と、挨拶した。 ...
  • それはランド甲板員で、軍服を着、どちらかといえば厳しい表情をしているにも係わらず、照明のせいか、ブロンドが異常に美しく、柔和な感じにみえた。 ...
  • 大柄で目尻の吊り上った、ちょっと無愛想な顔つきの男だが、喋り方は意外に柔和な感じだった。 ...
  • 端整で繊細な感じの容貌ようぼうは、細い銀ぶちの眼鏡のせいで、神経質そうに見えるが、眉と目尻が下っているので柔和な感じも人に与えた。 ...
  • 次へ