柔和な性格

16 の例文 (0.00 秒)
  • 柔和な性格でむやみに怒ったりすることはなく、政務にも熟達していたという。 ...
  • 激しい性格でも、柔和にゆうわな性格でも、神が使ってくださる時、人は立派な働きをします。 ...
  • とても柔和な性格で、テーニからマドゥライにかけての地方では非常に良い評判を得ている。 ...
  • だが今回の同情にもとづく行為は、かれの別の顔、すなわち柔和な性格をあらわにした。 ...
  • 普段は滅多に怒りを表に出すことの無い柔和な性格であるが、食べ物の恨みだけは例外である。 ...
  • 柔和にゅうわな性格で、熱心な仏教信者であった。 ...
  • 才気があり、知名人との交際が好きなコンジエ氏は、人になじみやすい柔和な性格だった。 ...
  • 柔和な性格の人物で、容姿・教養すべてに優れた異母弟の源氏に引け目を感じつつも兄として優しく接し、源氏と朧月夜の密通を知っても彼女を許し寵愛した。 ...
  • 幸い西川の柔和な性格は、土佐派の怨みを買うことがなかったし、直吉の後継者として批判を越える位置にもあった。 ...
  • 機知に富む野口の才弁と柔和な性格から、寄宿先の家人からの信用は高かったといわれている。 ...
  • 男たちのこうした柔和な性格が最初、タナーには腰抜けで女々めめしいように思えたが、やがて彼らが偉大な体力とたぐいまれな勇気とを兼ねそなえていることを知るに及んで、アミオキャップ人に対する彼の称賛は際限のないものになった。 ...
  • ソロモニヤは輝くような美人で、立派な道徳心と柔和な性格も持ち合わせたが、子供を授からないとなると自然ヴァシーリー3世との夫婦関係も重苦しいものになり、ついにヴァシーリー3世は外国の医者に妊娠の手助けを求めることまでした。 ...
  • 人なつっこく柔和な性格、不幸な人にすぐ同情する心、かぎりない親切、わだかまりのない率直で快活な気質、みんなそのままだった。 ...
  • 彼はもともと柔和な性格として「ゴムのライオン」と渾名されていたが、やがて「ヒトラー・ユーゲント、クヴェクス」と渾名されるようになった。 ...
  • 鎌倉時代に成立した日本の歴史書、『吾妻鏡』によると、 亀の前は頼朝の伊豆国での流人暮らしの頃から仕えており、容貌すぐれて柔和な性格で気に入られ、頼朝は寿永元年の春頃から密かに亀の前を鎌倉に呼び寄せて寵愛していた。 ...