柔和なまなざし

9 の例文 (0.00 秒)
  • 柔和なまなざし、ひょうひょうとした身のこなしが、俊夫の心を捉えた。 ...
  • いぜんとして柔和なまなざしが、かれのあらゆる意志をおおいかくしていた。 ...
  • 店先に白いあご鬚を生やした品のいい老人が、柔和なまなざしでためゑと何やら話をしていた。 ...
  • 柔和なまなざしだが、しかし、鋭い光を放つ黒い瞳のカンフーは、無言で小さく顎を引いた。 ...
  • 濃い眉の下に、柔和なまなざしがほほえんでいる。 ...
  • 柔和なまなざしが葉子に向けられた。
  • 柔和なまなざしは、そそがれるともなく、きらきらと陽光をはねる泉面へ投じられたまま、うごかない。 ...
  • 「慈念やないか」 竺道は柔和なまなざしをなげていった。 ...