柔和そう

23 の例文 (0.00 秒)
  • 厚い前髪まえがみの下の細い目が柔和にゅうわそうで、みをたたえているようにも見える。 ...
  • 眼鏡の下の柔和そうな眼に、ほのかに厭わしそうな色が浮かんでいる。
  • 祖母はあごがふっくらして柔和そうなのに、目つきだけが変に鋭かった。 ...
  • ひとりはカウボーイのような帽子をかぶった面長の男で、柔和そうな表情をしていた。 ...
  • からかう口調になっても、植松はいつも柔和そうな顔をしている。 ...
  • 目の切長きれながな、いかにも柔和そうな、はつめいな顔をした坊さんである。 ...
  • この人はポーリン探偵より背が高く、やや柔和そうにみえた。 ...
  • 彼は柔和そうに細めた目で執拗にジュスランの表情を探ったが、得るところは何もなかった。 ...
  • 柔和そうな老人の声は、市の図書館から。
  • 柔和にゅうわそうに見えるが、本来は短気な男のようだ。 ...
  • 善く見ると目が大きく柔和そうな顔だ。
  • 柔和にゆうわそうな表情をかべてはいるが、メルセリア侯爵の目には、メリッサを値踏ねぶみしているような視線があった。 ...
  • ことにインド人が、あの真黒なちょっと恐そうな目つきをしていながら、そばへ寄って見ると実に柔和そうないい顔をしているのには、なおさらに心をひかれた。 ...
  • 柔和そうな中年男で、汗を流しながら、乾いた地面を横切って、ポーチにやってきた。 ...
  • 色あおざめた柔和そうな表情の女たち、元気で快活な子供たち、そして気づかわしげな眼差しで熱心にのぞきこむ男たちの姿があった。 ...
  • 相手をしているのは下田の婆やで、肥満した、いかにも柔和そうな、自分の子供を犠牲にしても主家の子女を大事にする、一昔まえの典型的な乳母といってよい女なのだ。 ...
  • 柔和そうな表情の持ち主ではあるが、くっきりと描かれた眉のラインや、口紅の濃さからは、いかにもやり手の女将といった印象を受ける。 ...
  • 次へ