染メ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 茶色に染められた裸の腕や肩にはびっしりと複雑な模様が描かれていた。 ...
  • ほかの男ならば、たぶん彼女が髪を染めているのに気がつかなかったろう。 ...
  • 彼女のあらゆる感情とあらゆる行ないは、みなその色に染められていた。 ...
  • あるものは血をもって雪を染め、あるものは深い雪の中に坐りつくした。 ...
  • 雲が遠くの海に垂れて、空と水とが同じ色に染めつけられていましたわね。 ...
  • 男の血は槍や鳶口とびぐちや棒やすきくわを染めて、からだは雪に埋められました。 ...
  • そしてしだいにその色に染められてることにはみずから気づかなかった。 ...
  • 往時は普通に染めたものだが今代では極めて稀れにこれを見るにすぎない。 ...
  • ローラ・ビットンは興奮に頬を染めて、そのあたりを歩きまわっている。 ...
  • したがって強く酒精アルコールに染められたかれの四角な顔も見る機会を奪われていた。 ...
  • 太陽が姿を消してもまだ明るい空で、ピンクと灰色に染められている。 ...
  • そしてまた変に赤く染められた靄は、その星をいっそう大きく見せていた。 ...
  • 彼の生涯と性質の全部が一つの色に染められているというのに!
  • そのとき彼は、光で葉の茂みを銀色に染めだしている木立に気がついた。 ...
  • よし俺のナイス・ジョークでこの無味乾燥の 空気を笑いに染めてやる。
  • その隅に丸太が立っていて、牛島小学校と染めた旗が附けてありました。 ...
  • 底冷たい秋の日影がぱっと障子に染めたかと思うとじきとまた暗くなる。 ...