染ミ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 先ほども言ったように失敗が既にどこか病気みたところを持っていた。 ...
  • 頭が下になっていたが、どす黒い血がゆっくりと床に染みを作っていた。 ...
  • 僕のズボンには、どう見ても行為のあとといった白い染みがついている。 ...
  • そのうちに血は、赤ん坊の頭の皮膚まで染み通って行くに違いなかった。 ...
  • こんな非効率的な場所に居住すること自体、犯罪染みていると思わんか?
  • 少年染みた髪の形になった自分の頭が、彼の眼に鮮明に浮び上ってきた。 ...
  • そんな殊勝しゅしょうな行いとえんのない連中だってことは身に染みて理解している。
  • 縮んでいく大塩さんの姿を見ていたら、耐えていた涙が染みだしてきた。 ...
  • 全身の血がしぼり出されたように、血は金盥を越え畳一面に染みていた。 ...
  • この材料にこの色をどうやって染みこませたのだろうと不思議だった。 ...
  • 何もない、誰の手もないことの空虚さの方が、今の晴子には身に染みた。 ...
  • 大変な年代物、という雰囲気ではあるが汚れや染みはまるで無かった。 ...
  • はじめて壁の染みに気がついたのは今年の一月の半ば頃だったろうか。 ...
  • 天井から雨水でも染み出しているのか、遠くの方で小さな水滴音がする。 ...
  • 彼の言葉は香澄の心の奥にみこんで、なにか大切なものを探している。 ...
  • 髪の形も着物も、東京の少女にくらべると、かなり田舎染みて見えました。 ...
  • どちらかといえば、染みが私の空想を邪魔したのは好もしいことだった。 ...