染め

全て 動詞 名詞
8,945 の用例 (0.02 秒)
  • 若い女性はみな、いちように髪を染めたり、パーマをかけたりしていた。 柘植めぐみ/北沢慶/山本弘『妖魔夜行 穢された翼』より引用
  • 間もなく火はすさまじい勢いで燃えはじめて、付近の林や崖を赤く染めた。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • お妙は白い息を吐きながら、朝焼け色に頬を染めて次郎の横を歩いている。 田辺青蛙『生き屏風』より引用
  • 雪を金に染めて近づいてくる光が、舞台のライトのように見えた。 篠田節子『美神解体』より引用
  • 宗介はかなめの手を引き、両手を真っ赤にめた少年のわきけ抜ける。 賀東招二『フルメタル・パニック!07 つづくオン・マイ・オウン』より引用
  • 底冷たい秋の日影がぱっと障子に染めたかと思うとじきとまた暗くなる。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • 君がどんなつみに手を染めても、おれは君が更生こうせいできるよう努力すると誓う。 鈴木大輔『おあいにくさま二ノ宮くん 01』より引用
  • あだし野の空を、いつのまにか温い日本の色をした夕焼雲が染めていた。 平岩弓枝『旅路(下)』より引用
  • そこには、血の跡らしいものが黒ずんで地面を染めているのを見た。 海野十三『少年探偵長』より引用
  • 鼻柱を足蹴にされたと見え、赤い血がたらたらと口から頤の方を染めた。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 彼は急に向き直って、夜空を明るく染めている町の方に戻って行った。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • 見おろすと、花を投げた黒髪くろかみの少女がほおめて微笑びしようするのが見えた。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • コゼットは彼のそばに立って、薔薇色ばらいろに染められてゆく雲をながめていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • そして、毛は染めてないらしいから、たぶん灰色の帽子だったと思うのです。 フリーマン・リチャード オースティン『オスカー・ブロズキー事件』より引用
  • 自分たちの子供の時分には既婚の婦人はみんな鉄漿おはぐろで歯を染めていた。 寺田寅彦『自由画稿』より引用
  • さうだ、自分の真実の血で、彼女のいつはりの贈物を、真赤に染めてやるのだ。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • しかし、赭土あかつち色に染めだされた彼らの顔の半分は暗い蔭にかくれていた。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • 窓掛にでも染めたら、流行を外国にまで及ぼすのではないでしょうか。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 滝川先生は困ったような顔で言いながら、頬のあたりを赤く染めた。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 全身の無数の傷から血が流れ 出し、水を赤く染めているのだ。 冴木忍『カイルロッドの苦難 3 愁いは花園の中に』より引用
  • 次へ »