染め抜き

全て 動詞
20 の用例 (0.00 秒)
  • 男の半纏に染め抜かれた〝山尾組〟の文字が少し動いたような気がした。 中場利一『えんちゃん 岸和田純情暴れ恋』より引用
  • それは恐怖という名の色に染め抜かれ、戦慄という名の響きを放っていた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター10b D-双影の騎士2』より引用
  • もやのなかに、武田家の家紋を染め抜いた幕間が、浮かびあがってくる。 咲村観『上杉謙信天の巻』より引用
  • 蔦屋つたやと染め抜いたほんの包みを、背からおろして、お袖のそばに坐りこんだ。 吉川英治『大岡越前』より引用
  • お文は藍色に竹を白く染め抜いた大模様の浴衣に錆朱さびしゆの細帯を締めていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 大きなのれんが風に動いていたが、紺地に白く丸に質の字が染め抜いてあった。 松本清張『無宿人別帳』より引用
  • 暗色の車体に白で染め抜かれた文字は、それが警察車両であることを教えてくれる。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • 濃い青に染め抜かれた空気の中を、うっすらと雲が模様を描いて通り過ぎる。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • 旗竿の先にひらめく赤地に白くダム反対と染め抜いた大旗に風の抵抗は軽くはない。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 伊三次は丸に「畳」の字を染め抜いた喜八の半纏の背に声を掛けた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 外では、平原を白一色に染め抜いてもなお、雪がまだ降り続けている。 白井信隆『飛剣術士 アグリー 非恋 (電撃hp09)』より引用
  • さらに両者とも肩の辺りに桜の紋様が白く染め抜かれている。
  • 紫地の和服に、白い牡丹を染め抜いた帯が、女の美しさを際立たせている。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • その船首には白い地に赤く円を染め抜いた国の旗が、ゆるやかにひるがえっていた。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • 暗いので中に染め抜かれた文字は津田の眼に入らなかった。 夏目漱石『明暗』より引用
  • 白い部分がまったく残っておらず、まるで茶色の染料で染め抜いたかのようだ。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 仙波は手拭いの端に小さく染め抜かれた店の名を読み取って笑った。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 萌黄地もえぎじに肉色で大きくつるまるを染め抜いた更紗蒲団さらさぶとんが今も心に残っている。 寺田寅彦『竜舌蘭』より引用
  • 染め抜いてあるシンプルな真実が、奇妙に説得力を失っていた。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • 家康の使番衆は紺地に白く五を染め抜いた旗指物を背にしていた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用