染め抜か

全て 動詞
85 の用例 (0.00 秒)
  • 男の半纏に染め抜かれた〝山尾組〟の文字が少し動いたような気がした。 中場利一『えんちゃん 岸和田純情暴れ恋』より引用
  • それは恐怖という名の色に染め抜かれ、戦慄という名の響きを放っていた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター10b D-双影の騎士2』より引用
  • 暗色の車体に白で染め抜かれた文字は、それが警察車両であることを教えてくれる。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • 濃い青に染め抜かれた空気の中を、うっすらと雲が模様を描いて通り過ぎる。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • さらに両者とも肩の辺りに桜の紋様が白く染め抜かれている。
  • 暗いので中に染め抜かれた文字は津田の眼に入らなかった。 夏目漱石『明暗』より引用
  • 仙波は手拭いの端に小さく染め抜かれた店の名を読み取って笑った。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 両襟に小さく二個と、背中にひとつ巨大な真紅の十字模様が染め抜かれている。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • 染め抜かれた赤い文様が、まるで血を吸ったように鮮やかに樹間に映える。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.2 「王たちの狂宴」』より引用
  • 七の字が染め抜かれたその緑は少しまぶしいのだろう。 高野和『七姫物語』より引用
  • それは真正ほんとうのロシア更紗で、一面の真紅まっかな地に白の水玉が染め抜かれてあった。 室生犀星『性に眼覚める頃』より引用
  • いずれの作品もみな、ロシア民謡の特徴に染め抜かれている。
  • 背中に、とんでもない英語の台詞せりふが白く染め抜かれているものだ。 小林信彦『素晴らしい日本野球』より引用
  • 紫の羽二重に白く、大きく神林家の家紋である源氏車が染め抜かれている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 26 長助の女房』より引用
  • 不思議だからまた羽織を脱ぐと、同じ場所が大きく二カ所ほど汗で染め抜かれていた。 夏目漱石『三山居士』より引用
  • なお、その軍旗は、緑地に赤い太陽、三日月と星が染め抜かれていた。
  • 不思議だからまた羽織りを脱ぐと、同じ場所が大きく二か所ほど汗で染め抜かれていた。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • なぜならば、そこに染め抜かれた紋様は間違いなく、あの「籠目かごめ」であったからだ。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 半袖の白ワイシャツは喉から溢れる血で赤く染め抜かれていた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター05 エイリアン怪猫伝』より引用
  • 黒いTシャツの前面には、バイオハザード・マークが白く染め抜かれていた。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • 次へ »

染め抜か の使われ方